Budounokura’s blog ソムリエの つぶやき

京都 祇園のオールド ヴィンテージ ワインバー 店主のソムリエの 日々の つぶやき です!

ヴィンテージ'74

f:id:Budounokura:20240512183339j:image

本日は、ランニング。その後は、愛犬と一緒にシャワーに入りシャンプーをしてあげて。ドライアーで乾かして上げ終わると、普段は哭かない 我が家の はなちゃんですが 妙に威勢よく哭くのです。気持ち良かったのか?それとも ありがとうなのか?解りませんが まあ犬ですからね 偶には哭かないと。明日は、狂犬病の注射の予定です。

で 灯が消えてしまう・・・・・

・Barolo’74 Giovanni Bolla

・Mercurey’74 Moillard

・Chateau La Pointe’74 Pomerol

4月はタクシーに乗ることが無かったので知らなかった・・・・・・。京都のMKタクシーさん、自宅からの乗車予定の有る場合 特に新幹線の予定が有ると おそらく対応は最も良いと思われるので。なのですが、時間指定の場合の料金が¥500-と言うことで。まあなあ、一瞬躊躇したのですが 我が家の財務省がそのくらいは!とおっしゃられたので 予約はしましたが 何ともなあ。何れにしても支払いは僕のカードからなので関係ないのでしょうが ライドシェアの案件に関しても世界レベルに早くして欲しいなあ。正直タクシー料金が高すぎる。勿論、時間に余裕が有れば ウーバーさんでお待ちしますが 比例するように対応が悪い場合があるので。まあ、僕の経済状況の問題かも?ですが、嘗ては毎晩ご利用させていただいていたのでねえ。併せて 記憶では半額でしたが。今は中々の価格だと思います。まあ、指定料金は有りだとは思いますが。

ヴィンテージ’74も これまたピンキリの銘柄のストックがございます。とは言え、難しいヴィンテージであることは事実なのですが ここの3本は比較的現実的な面々かと。

バローロ、なのですが 残念ながら経験の無い生産者です。ボッラ、ジョヴァンニか 外観は期待をしても良さそうな印象です。ネッビオーロもまた高貴な葡萄品種、まま この時代はねえ どうでしょうか?

メルキュレイ、これまた やはり 今回も抜群に色調はボトルの色もありますが 素敵なのです。ただこれもまた、避けていた生産者のモワイヤール アペラシオンの格も併せて 過剰には思わないまでも 興味深い。

まあ、最も安心感のボルドー右岸のラ・ポワント。一般的に想定の範囲内の姿が見えます。場合によっては面白さと言う部分が?ですが、しみじみな味わいなのですよ メルローは。

雨の日曜日の晩か・・・・・・・。

Sommelier R.Imamura