Budounokura’s blog ソムリエの つぶやき

京都 祇園のオールド ヴィンテージ ワインバー 店主のソムリエの 日々の つぶやき です!

ジュース屋では無いのですが・・・・・

本日のお昼間は 久々のジムに。お盆モードも少しずつ 終盤かと。

少し衰えた 大胸筋をベンチプレス で また 元に戻して 普段の生活に戻していきたく。ですが、ジムに行く時に よく 忘れ物を。タオルであったり 下着や 今日は タブレットを。まま、タブレットは 無くても ジムでの 運動は可能なのですが 心は お試しの気持ちが 強く有った為。

このところ 世間を騒がす 危険運転が 切掛ですが シトロエンには 当然ドライブレコーダーは 搭載しておりますが そう ベスパと トライアンフには ないので。微妙に 車用より 2輪車用は 高額で しかも 取り付けてしまうと 2つ必要になるので 取り敢えず 安価な やや 不便ながらも 玩具ほどのものを。

パソコンで 画像は 確認が 必要ですが まま ヘルメットの チンガードに クリップにて。ちゃんと撮れているのも 面白いですが まま 後方からぶつかられるのは 写りません・・・・・。

f:id:Budounokura:20190817183107j:image

で 昨夜の 大文字の晩も 撃沈で

まま 何も見えないので 祇園祭のような アドバンテージは 全く。お盆は やはりの展開でした。

ただ、当方は ワインバーなのですが 昨日の シモン ビーズの ヴィンテージ ワイン用葡萄ジュースへの反応が 幾つか。まま、ほとんど無いのですが ほんの僅かな方で アルコールが受け付けられない方が たまに。無下にお断りは 出来ませんし 偶に お子さんの ご同伴も 有られるので 葡萄のジュースは 冷蔵庫には 数本。ただ、そうなんです 先日の ノンアルコールワインは 如何なものか?なのですが 正直このような形での 本物のブルゴーニュの優良な造り手の ものによる ワイン用の葡萄品種による ジュースは 有りかと。ただ、インポーターさんも 強気な価格設定です。ここに 当方の利益をいただきますと 街場のレストランさんでの ワインの価格と 変わらないものにも。

まま、ご理解有られる方に。ちなみに反応された方は それなりの酒豪の方々なのですが・・・・・。

Sommelier R.Imamura

大文字の晩です!

本日より 変わらず営業いたしております。

大文字の晩です!上質なヴィンテージワインを如何でしょうか?

f:id:Budounokura:20190816182509j:image

台風の通過の昨晩は 臨時のお休みをいただきました。まあ、お問い合わせも 無かったようですので うーん?まあ 自宅で ゆっくりさせていただく お盆休みになりました。とは言いながらも 実際には 京都は おそらく 雨量ぐらいかな?我が家も 店舗も 何事も無く。ですが、昨年の事も有りますので 用心は 致し方ないかな?です。

で お薦めとは 言い難いのですが 思わず購入してしまったので・・・・・・

・Jus de Raisin Pur Jus de Chardonnay'18 Simon Bize & Fils

本日の16日の晩は 京都は 大文字の送り火の晩です。

まま、僕の カウンターからは 何一つ 見えませんので ほぼ 関係は無いのですが。それでも よろしければ 送り火の後で 涼しい空間にて 落ち着いたヴィンテージワインを!ちなみに 数時間前でも おそらくの送り火観賞を屋上から 予定される方の姿が アパホテルには。

そして ヴィンテージ'18と言うのは 僕のカウンターでは 有り得ないのですが ブルゴーニュの 優良な造り手の シモン ビーズが この年は多産だったらしく シャルドネで 葡萄ジュースを。これが 正直高級ジュースになります。非常に高価で 躊躇いたしましたが 6本だけ。1本は 既に。もう1本は 家族にて。かなり 濃く 薄めても良いくらいなのですが 流石の 濃密な凝縮感です。まま、彼らのワインと比べれば 決して高額では無いのですが まま 宜しければ!

よろしくお願い申し上げます。

Sommelier R.Imamura

シャブリ ヴィンテージ'99

本日も 変わらず出勤しており 基本的には 通常の営業を致しております!まあ、足元は悪いでしょうが 祇園界隈は 神様がおりますので!

f:id:Budounokura:20190814191717j:image

本日のお昼間は 自宅の台風の対策を。まあ、玄関側の トライアンフ と ペスパ を 倒れないように 移動させて 夏の日差しを遮る タープを 外して 後は 幾つかの植木を移動させて。まあ、もう それ以上は 出来ないので じっと 通り過ぎるのを 待つだけです。

で 昨夜の お盆の晩は

・Chablis Vaillons'99 Francois Servin

お盆の ゆっくりとした 時間を過ごしておりました。

有難い事に また ご近所の鰻屋さんが。何時もながらの ボランジェで ご一緒しながらの 静かな時間を過ごしており。

そこに 掛かってきましたお電話は うーん、相変わらず 酔っておられるのか それ程でもないのかは よく分からないご近所の歯科医のムッシュで。今宵は 馬主さんのお友達とご一緒のご様子で 一段と よく分からない感じも。

取り敢えずは 今宵は 白ワインを。シャブリは 代表的な白ワインなのですが ここにも 生産者に 格も有り 当然ながらも ヴィンテージも。プルミエ クリュの ヴァイヨンですが 20年の熟成を経て 色濃く照りが見られます。濃密な ナッツと 蜂蜜のニュアンスに 酔っておられても。

まあなぁ、色々と ご利用のお話をいただきましたが 素面の時に ちゃんと お話くださいませ!

ご予算等の 懸念も有りますので!

Sommelier R.Imamura

ブルゴーニュ 紅白'97'90

お盆も基本的には 通常営業いたしております!

ただ 台風の日は ご確認ください!よろしくお願い申し上げます。

f:id:Budounokura:20190813190917j:image

お盆も慌ただしく動いております。

昨日は 二日酔いを おしてジムに。ですが、ジムは お盆休みに入りますので 土曜日までは 筋トレが 止まってしまいます。

本日は 病院にてMRIを。そして 次男と 約束の 映画を。久しぶりに 大きなスクリーンにてですが うーん マクラーレンか、実際に所有される顧客がおられるのも なんだか・・・・・。

で 土曜日は 撃沈でした ですが実は日曜日にお呼び出しいただき 臨時営業

・Meursault Charmes'73 Louis Latour

・Meursault Clos des Perrieres'90 Albert Grivault

・Morey Saint Denis Clos de la Bussiere'97 G.Roumier

お電話に 30分では やはり無理でした。1時間は お待ちいただくことになりましたが お越しいただけたことに感謝いたします。また、お気遣いいただくような 素晴らしいブルゴーニュの紅白をお飲みいただいたことにも感謝いたします!

ヴィンテージ'73の ルイ ラトゥール、コルクが 少し落ちており。やはりの 嫌な予感は 的中してしまい このボトルは 提供出来ませんでした。まあ、そろそろ こう言ったリスクも致し方ない。

気を取り直しての 白ワインは 安心の アルベール グリヴォーの クロ ド ペリエールのヴィンテージ'90。当たり前のように 素晴らしい 安定感のモカの香り漂う上質なシャルドネ。こってりと グリセリンも。

赤は ルーミエを。正直この手の 優良な造り手の 少し熟成をしたものを 探すと もう かなりの 高額のものばかりで。まだまだ 若さをイメージしてしまいますが それでも 20年以上の熟成を経ており。そう 先日のリクエストでは 忘れておりましたが この ブッシエールを 見つけて こちらを。

やや、酸の角は残っているものの 先日の ドニ モルテとの スタイルの違いを はっきりと感じながらの より エレガントな バランスで 美しい果実味が 広がります。そう、 ブルゴーニュの ツートップは 変わりませんが その後を追う ルソー や ルフレーヴ などと 同様に このルーミエは もう ひとつの 特別で!

またまたの ご機会をいただけましたら幸いです!

Sommelier R.Imamura

極上のブルゴーニュ'98ボルドー'76

f:id:Budounokura:20190810190859j:image

本日のお昼間は 逆転負けですか。久しぶりの 広島商業でしたが 1回の アクシデントも 可愛そうでしたが 身支度の シャワーをしている間に逆転されておりました。残念な結果でしたが 勝負事には 付きものですので 仕方ない。

で 昨夜の 極上のブルゴーニュボルドー

・Gevrey Chambertin'98 Denis Mortet

・Chateau Haut Brion'76 Graves

日が変わる頃迄は 週末でしたが やはり お盆モードなのか?と 待ちぼうけで。

お電話が おかしかったのか?携帯に転送されており、気が付いて幸いでした。

普段は 祇園街の 他のワインバーをご利用のようでしたが 機会をいただき光栄です。まま、ですが 特にこの手の ブルゴーニュの 飲み頃のものを ご所望でしたら 他店様とは 絶対の一線をと言いますか。

店内の大型ウォークインワインセラーの これ見よがしの ディスプレイされた 特別銘柄を じっくりご覧 いただきましたが それでは おそらく ずっと決まらないので。ワインリストを お薦めして 良きアイテムを 見つけられるました。ドニ モルテ、この後数年後のヴィンテージより 状況は変わるのですが 長いこと 抜栓の機会は訪れませんでしたが 遂に。イメージ通りでも有り そして それ以上に 素晴らしいブルゴーニュの 村名ながらも 明らかに プルミエ クリュ並みの まるで あの ドメーヌ ルロワのような パフュームの香りが広がり この造り手の 凝縮した 果実の甘みは ポテンシャルの高さを はっきりと。まだまだ 若さも否めませんが ストーリー 満載のこの 造り手の この辺りのヴィンテージは 正にノスタルジーの!

深夜の歯科医のムッシュには お残ししておいた この 懸案の 1本を。何のことはない やはり このクラスのもので 状態は懸念を吹き消し 極上のボルドーの ほろ苦さの アフターながらも 柔らかい甘みは はぁ 五大シャトーの 特別を!可能な限りの お値段にて!そんな思いで トライ出来て 良かったです。おそらく この価格では もう二度とお届け出来ないかと!

静かながらも 特別な極上な晩かと!

Sommelier R.Imamura

まあ 諸事情有られるかと

f:id:Budounokura:20190809184137j:image

本日のお昼間も ジムに。その後は 高校野球をテレビで。千葉と 沖縄の試合は 最後が 準備で 見れませんでしたが 沖縄に勝たせてあげたかったなぁ。それにしても 千葉の 応援の ブラスバンドは 相変わらず 迫力あるもので 対照的に 沖縄の 指笛も らしくて いいなぁ。高校球児の 直向きさが 心に 響きます。

で 昨夜は 待ち人来らずの

そう言えばの 琵琶湖の花火の日でした。忘れておりましたが 末広がりの 良き日でも。

でしたが まま 諸事情有られるかとも思いますが 口約束は 致し方無いなぁ・・・・・。

ご案内を いただける お約束をしたつもりでしたが お客様のご都合も有ったかもしれませんが 一応 仕入れてしまったことが。しかも、他の顧客にも 使用出来る 通常のワインでしたら さして問題は 無いのですが ノンアルコールワインを ご所望でしたので。過去に一度だけ 仕入れた記憶も有るのですが ジュースじゃダメなの?と言うのも 失礼かと思い。

まま、実際には かなり限られた アイテム数で 今回の銘柄は 脱アルコールと言う 機械があるようですが。何れにしても 然程の コストでは無いものの どうしようかなぁ?の 紅白かと。

ちなみに 時を同じくして ブルゴーニュの優良ドメーヌの シモン ビーズが 今期は 多産だった為高級なシャルドネのジュースが リリースされておりました。面白いものの 中々の価格に 現時点では 仕入れを躊躇しておりますが。

よろしくお願い申し上げます。

Sommelier R.Imamura

ヴィンテージ'85

f:id:Budounokura:20190808190933j:image

本日のお昼間は ゆっくりと。今年も 相変わらずですが ベランダプールを 数回。7月に 既に前身頃は 脱皮したのですが それ以降は 梅雨でしたので。それにしても 今日は 一段と暑く・・・・。

で 昨夜の お誕生日でしたか

・Montagny 1er'85 Chateau de la Saule

前半の ムッシュは お初でしたが 四国から。ボルドーとのことで グラスにて 2種を 対応いたしましたが まま ヴィンテージ'96の マルゴー村の ボア カントナックは 贅沢な逸品ですが そう 普段楽しまれている銘柄とヴィンテージが ここでは やはり 基準にはなりますので。

ヴィンテージ'06の サンテミリオンの キノー ランクロ は まあ イメージ通りかな?しっかりめの 味わいで 若さも残します。とは言え やや 疲弊する感覚も有ったので。その流れを 受け止めながらも ブルゴーニュへと。シャルル ノエラ ヘリテージの サントネイを ヴィンテージ'07で 何だかんだと ボトルを 飲み切ることになり まま レコードの お話に変わることと 子育て論で 時間は。

それにしても 5人の 子育ては 尊敬いたします。しかも、国立大学への 羨ましい!

そして 祇園シャンパーニュバーの 彼から。珍しいご紹介と思いながらも まま 実際は 葉巻の 有無が 選択肢になったようで。と 思っておりましたが 実は 先日の 東京からの お初の葉巻の ムッシュからの ご紹介が有られたようで これは 本当に 嬉しきことです!

そして 今宵はお連れのマダムの お誕生日になる時間の流れで。となると 流れ上 ヴィンテージを。

妙齢なヴィンテージ'85の マダムは 香り立つ色気で。とは言いながら 結局 昨夜も 紫煙を2本。

優雅な時間に 飲み頃の サウルの モンタニーのプルミエは 甘みも 柔らかく 葉巻も 恍惚の。

またまたの 京都でのご機会を!

Sommelier R.Imamura