Budounokura’s blog ソムリエの つぶやき

京都 祇園のオールド ヴィンテージ ワインバー 店主のソムリエの 日々の つぶやき です!

これも 嫁入りの ムートン マグナム

f:id:Budounokura:20190625185410j:image

本日のお昼間も 愛犬のお散歩に。所用も兼ねて 鴨川ルートを歩きましたが 今日は 暑かったね。お犬様は 途中で 珍しく お水を たっぷりと。その タイミングで 中学生が 見ててもいいですか?と。

長男もお世話になった 公立の中学校の制服でしたので 親近感は有りましたが まだまだ おぼこい 感じの 可愛らしい男の子で。我が家の次男も 来年は そちらにお世話になる予定ですが 大丈夫かな?です。

で 相変わらずの 閑散と

・Chateau Mouton Rothschild'00 Pauillac 1,500ml

何ともでは有りますが この状況では 有り難い限りでもある ご提案でも の この 大切に保管しておりました 特別ボトルの シャトー ムートン ロートシルトの 2000年の エッチング ボトルの マグナム。

まま ある段階での 平行品での 仕入れになりますが 現実的ではないものの お店の ガラス張りの大型ウォークイン ワインセラーでも 華になる1本では あるのでは。

実際には 中央に並ぶDRCなどの ブルゴーニュの 厳つさに 目に付かれない方々は多かったですが 少し 嫁入りをさせた 気持ちも。これもはた 力の有る方のお手元へと 流れ着くのは 絵画や ジュエリーなどと同様の ラグジュアリーな逸品であることには 間違えありません。

2000年の 羊は 何度かはテイスティング出来ましたので まま テイスティングの欲望は それ程でしたので まま コレクション的な 喪失感ぐらいですが 流石に マグナムは 無くなりましたが ボルドーの 偉大なヴィンテージの ミレニアムは まだまだ 五大シャトーのセットのコンプリートが 残されております!

よろしければ!

Sommelier R.Imamura

DRCですが 横流し・・・・

f:id:Budounokura:20190624194043j:image

ジムでの 苦行は 筋トレ や 有酸素の 厳しさでは無く 何よりも おっさんの加齢臭なのか?口臭なのか。まま、僕自身も きっと それなりの 問題は有るかと思いますが 運動をするので 汗の臭いは致し方ないかと!ただただ ウェアの 洗濯や せめて 歯磨きをしてきて欲しい・・・・・。筋トレのマシンは 多少逃げられますが 有酸素のマシンは 45分は お隣になり ずっとは 息をとめられないから。

まま、会員制とは言え 公共の施設なので 仕方ないですが だから 特殊なジムが 存在するのか。

で 本当にお恥ずかしいのですが 先週は ほぼ 仕事をしてない・・・・

・Echezeaux'13 Domaine de la Romanee Conti

週末の期待は完全に 萎えてしまいましたが お知り合いのバーの 閉店のご連絡も 嫌なタイミングで。

海外の方々の 存在を意識とは言いますが アプローチのほどは 中々見えてきません。勿論 お待ちして ホームページからの お越しの方もほんの僅かにおられない訳ではないのですが。

苦肉の策では有りますが まま 若いヴィンテージのこのDRCは ほぼ 横流しになってはしまいますが この状況では致し方なく。ちなみにこの エシェゾー、実は そう 昨年閉店された クラブさんの 開業時に ご納品したもの 正規品で セラー管理も しっかりと していただいておりましたが まま そうだな 開店のお祝い時に この手のボトルも出ないと そうなるのか 僕のところに・・・・。

しかも 売掛の かたに のような形で 僕的には 利益も出る 出戻りでしたが そんな 運命だったのかもしれない?常に この手の 特別なボトルは その時その時の 力を持つ方の 元へと・・・・・。

まだまだ 飲み頃は 先でしょうが ある意味で本当に 必要とされる方のところへと。ありがとうございます。

Sommelier R.Imamura

 

 

赤のチャリティーマグナムは

f:id:Budounokura:20190622192700j:image

本日のお昼間は 次男の散髪に。何時もよりは 少し短めに 切り揃えられた 髪形は 幾分精悍さも感じられ 男の子として しっかりと成長していってくれていれば。まま、まだまだ可愛いものですが。

夏の様な 日中は シトロエンの車内も 焼ける様に。昨日のような 夕立も 悪くないのですが。

で 昨夜も もう何とも

・Gevrey Chambertin 1er'09 Les Climats du Coeur

紅白での括りを意識する訳ではないのですが まあ 折角の手持ちでもありますので。

白の造り手達も 垂涎の名が並びましたが このジュヴレの プルミエも チャリティーの贅沢なドメーヌが。ピノ ノワールの提供は ブリュノ クレールに ドルーアン ラローズ・デュジャック・フェヴレイ・ジャンテ パンショなどが。醸造はフェヴレイと デュジャックにて。

f:id:Budounokura:20190622192716j:image

当然ながら このキュヴェも おそらくは 素晴らしい ブルゴーニュの逸品でしょう。ヴィンテージ'09の ポジティブな作柄も合わせて 白赤 どちらも 興味深い まま そろそろ抜栓も許される時期でしょうか?

Sommelier R.Imamura

チャリティー マグナムボトル

f:id:Budounokura:20190621192822j:image

本日の午前中も 病院に。やはり 違和感が有りましたのですが 完全には完治とは・・・・。

まま、それでも 治癒を待つしか とのことでしたので。ただ、処置がなぁ 痛いのです!力が入ってしまうのかも?ですが ガーゼには 鮮血が しっかりなので そらぁ 痛いやろ!デリケートな部位ですので。

その後は 何時もと ほぼ 変わらないジムでの 筋トレと 有酸素運動も。

そして 出勤時は ギリギリセーフの 土砂降りも。

で 世間は如何なのでしょうか?の 今週を・・・・・

・Puligny Montrachet 1er Les Crimats du Coeur'09  1,500ml

もう 何年前に 仕入れの手続きをしてもらったかな?記憶から消えておりましたが 世間が 色々と ボランティアなどを 推奨する時期がありましたので。

僕としては中々動くことは出来たかったので チャリティーボトルとして 売りに出された マグナムボトルのセットを ワイン商と折半して 4本セットの内の2本を。決してお安くはなかったのですが まま ブルゴーニュの 特別な造り手達の名が 並んでおりましたので まま 興味本意も。

ちなみにこの プルミエの ピュリニー モンラッシェの白ですが 葡萄の原料は アンリ ボアイヨ・シャルトロン・ルイ ジャド・ルフレーヴなど まま 当然の 彼らで。

f:id:Budounokura:20190621192843j:image

そして 醸造には ルフレーヴ と ジャドが。ヴィンテージも'09と まだまだでしょうが 優良な作柄で 間違えのない 造り手たちの エッセンスが 輝くボトルかと!

よろしくお願い申し上げます。

Sommelier R.Imamura

無題

f:id:Budounokura:20190620191914j:image

気持ち落ち着かない月末に近づいておりますが 今日は お昼間は 愛犬の お散歩の後に お昼寝してしまった。お犬様も バテ気味な暑さでしたが 風が吹くと 気持ち良く 気がつくと 出勤準備をしなければの。自宅の地下ワインセラーからの ピックアップもこなして 植物の 水やりもですが 桔梗が やや 水不足で。

で 昨夜も 大丈夫か?でしたが

・Chateau Rieussec'01 Sauternes

・ Chateau Climens'98 Barsac

関西 特に滋賀県で あの恐怖の 手足口病が 流行のようです。思い出すだけでも 中々大変な あの経験ですが まま 我が子も もう小6ですので 貰ってくることもないでしょうが お気をつけください!

昨日の つぶやきの 貴腐ワインですが こちらは グラス ワインには やや 難しいのですが 特別な2本も リストに追加すべく。ヴィンテージ'01は まだまだ 若い段階かと思われますが この 最優良年は おそらくは侮れない酒質かと。この シャトー リューセックは 昨夜の ムートンとは異なる ラフィットの 所有する ソーテルヌの銘醸シャトー。トップの イケムは ハーフボトルでの手持ちが ございますが そちらは より 特別ですが この リムーセックも 注目すべき ボトルかと。

もうひとつの 優良銘柄の シャトー クリマン、ヴィンテージは'98なので 驚くほどではないものですが イメージでは イケムの 次の立ち位置に 鎮座する この銘柄かと。バルザックの こちらも プルミエの こってりとした質感の甘口です。

琥珀色の とろける甘みに 浸っていただけるかと!

Sommelier R.Imamura

貴腐ワインでは

f:id:Budounokura:20190619192630j:image

本日のお昼間も ジムに。その後は 庭の植物に水やりを 沢山あげるのですが ふと 今月の自宅の水道料金の 価格に驚きを。まあ、家族4人で 僕自身も 日に2度は シャワーを浴びますので 店舗の水道料金とは 比較にはなりませんが  高すぎるだろう?です。我が家の 光熱費等 どうなんだろう?何時も節約は意識させられますが・・・・・。

なので、雨水等を お利口に 備蓄するタンクも欲しいのですが。あれは でも高いよなぁ・・・・。

で 昨夜も 厳しい展開で

・Sauternes Reserve Mouton Cadet'05 Baron Philippe de Rothschild

もう 中盤以降は 地震のニュースで支配され。解ります、とても大変な状況でしょうから。

悩ましい 時間が 流れますが 作業は 尽きません。来月のダイレクトメールの作成が遅れており 急ピッチにて。

ちなみに 偶に甘口の しかも しっかりと 甘い ワインをご所望いただく機会も。これは まま 歩留まりの ほぼ 無い 貴腐ワインのカテゴリーは 貴重な存在ですが 気が付けば これまでの アイテムの シャトー クーテのヴィンテージ'04 の 手持ちが 終了しておりました。その代わりの アイテムは 有りがちな 造り手ですが バロン フィリップ ド ロートシルトを。ヴィンテージも'05で 幾分 熟成も 為されており 甘美な 世界観を しっかりと たっぷりと。と言いながらも 残すところ 僅か2杯ほどかな?

〆の1杯に 如何でしょうか?

3:00までの 夜型の ワインバーにて。

Sommelier R.Imamura

ヴィンテージ'04'99

f:id:Budounokura:20190618194022j:image

本日のお昼間は 病院に。一段と問題有りの数値でした。げんなりの お昼になってしまいましたが 取り敢えず次のプロセスのMRIを再度。何ともお忙しい病院で 1月後の ご予約になりますが 大丈夫なんだろうか?不安は有りますが 中々 次から次へと 悩ましいものです。

その後は 愛犬のお散歩にも行きましたが、とても良いお天気で。やはり 健康が 何よりもかと!

で 昨夜のボルドー

・Chateau Quinault L'Enclos'04 St Emilion

・Sarget Gruaud Larose'99 St Julien

出勤時の マツダに 声を掛けられ。馴染みのワイン商の彼で 僅かな距離ですが 店舗まで 送ってもらえ。降りぎわに 出た話題で しばしばでしたが あの ロマネ   コンティの横領事件の。やはりと言いますか 幾つかの常習だったようで。まあなぁ この手の方は病気なんでね。残念ながら 僕の部下にもいましたが・・・・・。

そして 2年ぶりに なられた 鯉料理のムッシュが。印象的な彼ですので 一目でですが 久々に ゆっくりと。年に一度のお楽しみの 京都での お楽しみでしょうが 昨年は 為されなかったようで まま 今年はお越しいただけ幸いです。

デュラモットの ハーフを 軽く空けるように 赤ワインへと。

イメージは メルローですので サンテミリオンを。まま、これは 間違えの無い モダンな しっかりたっぷりの 豊満な。フロマージュを 摘まれると お次へと。

ぐっと 熟成感を 感じさせてくれる シャトー グリュオ ラローズの セカンドの サルジェは 飲み頃の しなやかさを 讃える クラシックな質感を残す 個人的には 正に ボルドーの それかと。

少し酔いましたが まま おっさん同士の 時間かな。

Sommelier R.Imamura