Budounokura’s blog ソムリエの つぶやき

京都 祇園のオールド ヴィンテージ ワインバー 店主のソムリエの 日々の つぶやき です!

この点鼻薬が

本日も変わらず リハビリお散歩を。まま、比較的過ごしやすいお天気に頑張るのですが 明日は雨の予報ですので。ですが、相変わらず花粉が・・・・。

とは言え 鼻はしっかりと今年も効いております。眼は大変ですが。

f:id:Budounokura:20210225181332j:image

ジェネリックにはなっていると思いますが おそらくは まま ステロイドの量なのでしょうか。顧客のドクターに勧められて試した点鼻薬ですが、色々と試していた時期が 懐かしい訳ではありませんが ここ数年は本当に助かっております。おなやの方は是非!とは言え やはり個人差の大きな症状のものではありますか?

それにしてもなぁ、やっぱり東の都では 高額の接待がなされているんだなぁ。まま、価格的には そらぁ それくらいは有るだろうなぁ。美味しい鉄板焼きに誘われると ステーキに 伊勢海老や鮑も勧められるでしょうから。合わせて 高級銘柄のワインもございましょう。じゃないと 料亭や ホテルさんも成り立たないだろうからなぁ。

これに関しては、少し懐かしいと言うことにしておこう・・・・・・。

Sommelier R.Imamura

仕方ないよな〜

本日も 変わらず せっせと歩きます。筋トレもいたします。

愛犬も歩かせます。昨日同様、まだまだ冷えてましたので 今週いっぱいは厚着して。

因みに この時短要請期間中は 洗濯物は僕のお仕事になっておりますが 乾きがねぇ。花粉も 気にかけながら。

そして、お昼間のお散歩中に 横浜の友人からお電話が

何時もながらなのですが 道すがら車の騒音でご迷惑をお掛けいたします。

3月も前半に 術後3ヶ月の検診にお伺いする予定ですが 今回も横浜でのお楽しみはまたまたキャンセルに。関西圏は少し落ち着きつつの見方ながらも 関東はまだまだ 簡単ではないのでしょう。

勿論、関西も とは言え時短要請は続くのでしょうから ワインバーとしては 引き続き難しい展開かな?お仕事も お楽しみも いつ迄やるのかなぁ。

早く 此方の友人とも 術後の元気な姿をお見せしたいものです!

f:id:Budounokura:20210224184457p:image

画像は、Amazonですよ。まだ、見ておりませんが ワインネタです。内容は想像出来ますが 懐かしいシーンも有りますかね?皆様も よろしければ!

Sommelier R.Imamura

 

さっぱりと

本日も 変わらずリハビリお散歩を。またまた、一気に寒さが増して 昨日までとは全く異なる服装になります。とは言え、まだまだ2月ですからね 3月も何度か冷えることも有るかと。

そして、今日は 本当に久しぶりに散髪に。手術前からなので 気が付けばの3月はお伺いしていなかったことになりますが まま 本当にすっきりいたしました。襟足は、寒いくらいでしたが やはり自分で 頻繁にケアしておりましたが 後頭部が兎に角如何とも。

まあ、来週の長男の卒業式と そろそろねぇ 解除の想定も有りますので なんとか店舗の営業をちゃんと再開したい!と言う思いも込めて。まあ、それでも まだまだ時短要請は続くのでしょうが・・・・・・・。補助金の問題も有りますが、何処までいっても 不公平感は否めないでしょうが どうなりますか。

ちなみに今日は、トライアンフで散髪屋さんへ。流石に寒くダウンを羽織ってポカポカでしたが、まま20分くらいかな?このくらいの距離は 大丈夫でした。ただ、帰りのエンジンが 掛かり辛く。まだまだ、どうも下半身の力は戻りきっておりません。

f:id:Budounokura:20210223183454j:image

で 画像はですね

ショップスモール の販促品です。これは ランタン仕様の懐中電灯ですが、毎週のようにいただけて。本来の趣旨とは異なるような?ですが 既にアルコール除菌スプレーなどは欠品なので まま店舗には手持ちが有りますが 店舗と自宅でも このランタンは重宝しております。いざと言うときに活躍してくれれば 良いのですが このところ地震も増えておりますので何事も無ければなのですが。

感染症対策をして 3月は再開を望みながら!

Sommelier R.Imamura

牡蠣に合う

本日も 変わらず リハビリお散歩に。

暑いくらいですが、問題は花粉が。点鼻薬の効果は、相変わらずしっかり有るものの 目がもう!

取り出して洗いたい!と言うのは毎度のことですが、流石に辛い。

で 今回は帰郷した際に 美味しく感じました

f:id:Budounokura:20210222174208j:image

広島と言えば!の牡蠣ですが、う〜ん 全国には他にも素晴らしい産地も沢山ありますが まま一応。

父との食事に 牡蠣づくしで 本音は生牡蠣を探したのですが火を入れたもののみでした。

まま、とは言え 4種の焼き方で 蟹味噌でオーブン焼きにしたものが贅沢でしたが 僕としてはそこでいただいた 岡山の小さなビール工房の 独歩さんの この牡蠣に相性の良い 白ビールと言うものを。

まま、正にフルーティーで白ワインのようなテイストに 単体でも勿論美味しいのですが 確かに牡蠣とのお供によろしい気がいたします。

この時代ですので、直ぐにネットで調べられるのも 良いことですが他にも色々造られておられますので 宜しければ。ビールも 偶には美味しいです。

Sommelier R.Imamura

unlimited

本日も 素晴らしいお天気の中 リハビリお散歩を。

自宅界隈と 鴨川沿いにも メジロが 愛らしく。飼えるものなら飼いたいなぁ〜ですが 禁止されているようなので。

そして、お昼間には 義理の父の運転手を。隔週のように今回はなりましたが、まま これからはまた毎週のことになるのかな・・・・・。まあ、現状は僅かな時間である意味申し訳ない気もいたしますが 自身の両親とは 離れた場所なので これも仕方ないですが 色々な意味で 価値観って大切だな。まま、それを含めて 僕のカウンターに通っていただける方々の存在を改めて思い返しております。そうそう、筑波のドクターも 相変わらずのお心遣いに これも申し訳ない。

f:id:Budounokura:20210221173253p:image

画像は、これも かっこいいなぁ。楽器などとは無縁の僕てろすが、クリス ボッティさん。やはり、知らなかっただけで 色々なアルバムが出されているな。そう、何度も何度もお薦めされるので Amazonさんも ミュージックを unlimited に。3ヶ月の無料ですが、いいや 緊急事態宣言が解除されたら また設定を解除すれば!と 前回同様 セコい考えです。まあ、Amazonさんも 年会費払ってるのだから もう 音楽は聴かせてよ!と思う部分もですが、月¥800-くらいかな?これが、厳密にアーティストや関係者に半分でも ちゃんと届くのであれば まま前向きなのですが 違うんだろうなぁ。

ダイニングでは、次男が まあ 耳に美しく無い YouTubeにて なので 僕の部屋で コンパクトながらパワーの有るアンプからの スピーカーで。

それにしても、情け無い限りですが 働きもせず こんな時間を過ごしている ソムリエは問題です・・・・・・・。

Sommelier R.Imamura

残された シャンパーニュ

f:id:Budounokura:20210220171424j:image

本日も 強風の中 しっかりとリハビリお散歩をこなして。

花粉も感じますが、今年も今のところ ステロイド点鼻薬が効いています。ただ、幾分 目の痒みは致し方ない。洗うしかないです。

先日の高速の通行止めが 嘘のようですが この週末の小春日和に 春は目前か?ただなぁ〜、微妙に解除されそうな緊急事態宣言ですが ワインバーとしてはどのような営業をすべきか?悩ましい。何方にしても時短を求められるかと。

で お届けの シャンパーニュには含めなかった 残り物ではないのですが

・Vilmart & Co Coeur de Cuvee'00

・Moet & Chandon Dom Perignon'93

意識して シャンパーニュは、手持ちが欲しいのは何時ものことですが 中々望む銘柄とヴィンテージ 価格が合致しないのも現実で。

とは言え 意外に抜栓の機会も ブルゴーニュのオールド同様に有るものです。

ヴィルマールの クール ド キュヴェ、以前は余り馴染みもなく オファー自体も少なかったのですが 前回の'95'89の入荷に続いてのヴィンテージ'00が。まあ、順調に若くなっていってますが これも致し方なく。とは言え このところは ミレニアムも そろそろ飲み頃が一般的には。

ドンペリニヨンの ヴィンテージ'93、先日のお届けの ミレニアムも2本仕入れていたので 手持ちもヴィンテージ'00'93の若い段階と 店舗セラーには ヴィンテージ'90'83が。

まま、シャンパーニュの代名詞なだけに ワインリストにも 複数の手持ちが無いわけにはいきません!よろしければ!

Sommelier R.Imamura

カリフォルニア と オーストリアの入荷分

f:id:Budounokura:20210219181428j:image

本日は、今週前半の ズル休み分を補う リハビリ散歩に。

昨日は、こんな事は初めての 山陽道が通行止めで兎に角待つのみで。ですが、知らなかったネクスコさんのホームページの便利な機能で 取り敢えず墓参りをこなしながら通知を待ちました。下道も下りが異常な渋滞でお墓にも3倍の通常の時間を凌駕しましたが その後 京都へのドライブに。

帰りも クルーズコントロールのお世話に随分なりましたが 危なかったのは クラウン アスリートの覆面と 箕面の辺りの強風と雪に車体が揺さぶられましたが まま何事もなく。

急な帰省になりましたが、父との残された僅かな時間でしょうが 楽しめました。後 何度会えるのかは解りませんが 此処だけは不謹慎ですが コロナに感謝しよう。

で 先日の 入荷分の カリフォルニア と オーストリア

・Cabernet Sauvignon The Coppermine Road'01 d'Arenberg Mclaren Vale

・Rubicon'00 Niebaum Coppola Rutherford

少し余計目の購入にもなるのでしょうが、これも機を見ると活躍をしてくれるボトルなのでしょうが 如何でしょうか?カリフォルニアは 先日の メイデンのように 機会は必ず訪れるものでしょうが 今回はオーストリアも。カベルネ ソーヴィニヨンですね、とは言え大抵が シラーズもブレンドされているものが多いのが現実なのですが 優良な造り手の ダーレンベルグが仕込むキュヴェの比較的 熟成でも有りますので これもスパイシーな飲み頃かと。

ルビコン、まま あの名台詞の河からの由来ですかね。オーナーが コッポラさんと言うのも 頷けるストーリーの有る1本です。勿論、中身の充実さも侮れない 典型的なカリフォルニアです。

Sommelier R.Imamura