Budounokura’s blog ソムリエの つぶやき

京都 祇園のオールド ヴィンテージ ワインバー 店主のソムリエの 日々の つぶやき です!

ブラン ド ブランと言えば こっちでしょう!

f:id:Budounokura:20230127172715j:image

本日は、自宅で筋トレを。しとしととは降り続けてはおりますが、しんしんとは感じられないので 夜間に降らなければ落ち着いてくれればなあ。店舗の灯油が心配になりつつなので、週明けには改善してくれないと・・・・・。まあ、それ以上に月末の今週を ほぼほぼ捨ててしまうような経営状況に 痛い展開です。

で 久々に大物を

・Vranken Demoisselle Cuvee Brut’89 Chateau des Castaignes

・Taittinger Comtes de Champagne Blanc de Blancs’88

様々な外交的な要因は有るのでしょうが、戦争を起こした方に対して ノスタルジーを感じた発言はどうかしてるな。総理大臣までされた方なので、きっと立派な方なのでしょうが 相変わらず どうかしてるよな まあ 下々の気持ちはもう解らないだろうからな。蛇足です。

画像は、久々に大物を。ブルゴーニュもですが、シャンパーニュ仕入れが本当に大変だ。兎に角、逃げ場が無いと言うか 必要なものの価格が もう気軽に仕入れることは出来ない。まあ、探せば有るとは言いますが もう追いかけることすら諦めてしまうことも大切かと。例えばの サロン。ブラン・ド・ブランの代名詞にもなってしまった 過去にも非常に素敵な記憶も沢山有る銘柄ですが、原価的にもこの15年とは言え 30倍か?凄すぎる。現行ヴィンテージでも3倍はしていると思われる。まあ、素晴らしいとは思いますが それならば他の銘柄も有るので・・・・。とは言え、ロマネ・コンティに対してのルロワの思惑もそうですが クリュッグのクロ・ド・メニルに対しても同じようにサロンは対峙して努力をしてきたのは事実でしょうが。個人的にはそうなると 球数は少ないような?ですが、ブラン・ド・ブランと言えば このコント。テタンジェのコント・ド・シャンパーニュの存在が優位のような?とは言え、中々見かけないのと セラーな中でこの変形ボトルの存在は 幾分邪魔な扱いを受けるのは致し方なく。

もう1本は ヴランケンのドモワゼル、こちらも中々見かけないキュヴェですが ’89のお嬢さんかと。摺りガラスから、その熟成具合が 十分に進みつつの美味が見て取れます。

月末の週末は、現時点は足元も落ち着いておりますので 如何でしょうか?

Sommelier R.Imamura

イランシー'95

f:id:Budounokura:20230126180443j:image

本日は、ランニングを。雪も解け切ってはおりませんが、やはり 御日様の力は凄いなあ。陽の当たりやすい、ガレージではお隣の車は完全に溶けているのに 僕のシトロエンは 雪かきを。ベランダも10cmほど積もっており、これを何とかしないと真下のダイニングの暖房効率は非常に問題だろうから・・・・・。

そして、新年になり ワイン商の方々も鼻息を荒くオファーを持ってきます。しっかりとお休みを取られていたので、取り返そうとの思惑も解りますが 月末でも強引に発送しようと・・・・。まあ、いいけど 配送業者さんの問題でバタバタされています。月末にどのようになりますか?

で 昨夜は静かに洗い物を

・Bourgogne Irancy’95 Thierry Richoux

既に1発目のワインは届いております、なので来月でも良いのですが まあ月内に突っ込むことでお支払いのタイミングが変わってくるのでお気持ちは解るのですが。

とは言え、まあ 飲み頃のワインをオファーしてくれるワイン商の存在は大切なものなので ある程度のご希望には応えたいと。

これも中々の珍しい銘柄になります。ご存じですか?ブルゴーニュ・イランシー、僕自身も確か嘗てグラス・アイテムで扱った機会があったとの記憶は有るのですが それ以来 オファーすらも無かったのではないのかな?そんな印象の銘柄です。

まあ、今は検索であっという間に その内容を知ることが出来るので便利な時代ですが 現行のヴィンテージであれば まま一般的なワインショップで購入が叶うのでしょうが流石にヴィンテージ’95となると ままそんなに沢山は見つからないのでは?です。

まあ、たった3本の仕入れですが 場合によっては 皆さんがご存じの銘柄ばかりが並ぶワインリストの中に このイランシーが含まれているのも またワイン好きの方を唸らせる要因にもなるかなあ?です。

Sommelier R.Imamura

ヴィンテージ'92×3の豪雪の晩

f:id:Budounokura:20230125181114j:image

本日は、辛うじての筋トレを。まあ、中々大変だった京都での豪雪な晩でしたので 起床はお昼前でしたが。

で 昨夜のヴィンテージ’92x3の豪雪の晩は

・Moet & Chandon Grand Vintage Collection’92

・Bourgogne’92 Joseph Roty

・Cote Rotie’92 Crusel Roch

移転後8年ですが、これほど雪が積もったのは初体験でした。まあ、これだけ降ると 流石に何方も出て来られないかな?と ゆっくりと まあ何時も通りなのですがお電話が。どうやらお食事に祇園街に出られていたそうで、時間帯も早かったのですが既にタクシーさんは全くのようで。バス停で待たれていたそうですが、何せお子さん4人もご一緒で一番下は4歳くらいかな?早い判断で僕のストーブに当たりに。

まあ、全く東大路通りの北行きは完全に渋滞を超えて動かない状態に やはり こう言ったお持ちの引き出しの多さが重要かと。年配の方がバス停にて30分以上待たれていたそうですが、お子さんも含めて 命の危険すらも感じられる晩でもありましたので。

今宵はヴィンテージ’92で揃えてみました。

シャンパーニュの’92は中々の希少な作柄で。これもまた かなり以前に仕入れていたものですが、以上に高騰するシャンパーニュの帝王のモエですが 欲を言えばドン・ペリニヨンなのでしょうが このグラン・ヴィンテージも非常に素晴らしく綺麗に熟れて熟成した逸品は ブリオッシュの豊潤な香りも当然ながらで ブラインドではプレステージにも劣らない評価をきっと。

ジョセフ・ロティのACですが、ある意味難しかった作柄のブルゴーニュの赤は 寧ろ現状が美しく。柔らかい酸は、ジュヴレの生産者らしい肉付きも優雅な味わいで 雪景色を見ながらの贅沢も。

〆はローヌを。クリューゼル・ロックのコート・ロティはこれまた贅沢で、そろそろ楽しめる段階に入るシラーの野獣感が ぷんぷんと漂いますが まだまだ重厚さも含ませて。

それにしても 実際には途中で奥様は辛うじてのホテルのお部屋を見つけられ お子さんを引き連れて歩かれ。その後は、おっさんふたりで ほぼ3本を飲み干す訳ですが 流石に少し酔いながらも こちらのムッシュは 何時もふっと立たれるのです。まだ もう少しコート・ロティが残ってるから!ではあるのですが まま雪の中無事に ホテルかご自宅か?辿り着かれたことを。

それにしても、出来た奥様に お子さんたちも順調に成長されており 羨ましい限りです。ちっこいのも ふたり可愛いなあ。またまた、ご家族にて!

Sommelier R.Imamura

中々の

f:id:Budounokura:20230124175854j:image

本日は、雪降る前に ランニングを。お昼間も一時的には、そんな予感を感じさせたものの 取りあえず運動と買い出しをこなしてから。

出勤時は、取りあえず こんな感じでした。いきなりの横殴りの雪に まま年に1度くらいは?と思いながらも 本当に10年に1度の寒波なのか?

帰宅は嫌な予感ですが、まま取りあえず変わらず 営業中です。よろしければ。

そんな中ですが、郵パックさんは 無事ワインをお届けいただけました。佐川さんは、今日はギブアップされました。まま、構いませんが。

なので また明日にワインのご紹介も。

今現在は、やや落ち着いてる?ですが、今宵は京都タワーさんも見えないくらいの状態ですので 深夜は積もっているかもしれませんね・・・・・・。

帰宅は叶うでしょうか?

Sommelier R.Imamura

ヴィンテージ'93'89'87

f:id:Budounokura:20230123165900j:image

本日は、しっかりと睡眠時間を取りすぎた。それでも、早起きして 筋トレと ランニングをこなした。お正月以来の休息を取れましたので、時間が少し出来たので。それと昨夜は久々の外食を楽しんだので、そのカロリー分を消費する為にも。

実は昨夜は肝臓に疲労感があったのも事実ですが、昨年の12月から一人暮らしを始めた長男の住居と環境を妻にも見せるために爆走しました。ほぼほぼ連絡がつかない彼のことも心配なのですが、まま 若いころはそんなものなのかもしれません。僕自身も両親には不義理にしたことも多くの反省点がありますが その頃には解らないものです。なので、兎に角 彼のことをもう少しゆっくりと見つめることも。なので、こっそりと彼のところに車を走らせて 予想通りの不在でしたが 実は僕自身もホテルマン時代に住んでいた大阪のディープエリアに懐かしさもありましたが 意外に建て替え等で近隣は綺麗になっていましたが 昨年末も殺傷事件は有ったエリアですので。

そして帰宅時に久々に大阪での焼き肉屋さんに入り。街の焼き肉屋さん!と言う印象でしたが とても美味で久々にお腹いっぱいまでご注文を。まあ、ほぼほぼタンパク質ですので ありか。この界隈は、焼き肉屋さんも沢山有られるのは 街並みに理由もですが。

で 一昨日の酔いどれは

・Savigny Les Beaune Les Lavieres’89 Roche de Bellene

・Barbaresco’87 Produttori del Barbaresco

・Cabreo Chardonnay La Pietra’93 Ruffino

JCさんの最終日のような流れは、残念ながら今年はご縁がなかったような展開に 気持ちは下がってしまい・・・・・。

ですが、夜半に後輩のソムリエさんからのお電話に 何となくのストレス解消のような飲み会のていに。

機会が合えば、この’87は飲ませてあげよう!との思惑はありましたが、彼自身のキャリアとして 僕のところに来る際にはブルゴーニュを飲みたい!との思惑が有るのも重々理解はしているので 一気に2本のボトルを抜栓することが より理解する機会が得られます。幾分贅沢ではありますが、その効果は やはり後半に明らかに。

後は、色々な思惑はありますが 僕自身も機会が有れば若手の後輩のソムリエさんには投資をしてきた思いも少しだけ。彼は中々上手に持ち上げてくれましたが 今回のバルバレスコの抜栓、ソムリエナイフが上がり辛い場合は 最近は直ぐにコルク挟みのタイプに道具を変えます。まま、単純な挟むだけのタイプですが 幾分コルクに傷は付きますが この判断を彼は見ていて そこに話題が進む辺りは 良く見てるな!と。

熟成を経て華やかさを帯びたネッビオーロですが、柔らかい口当たりと華やかな香りに余韻のタンニンの骨格の残り具合が持ち味です。ただ、この硬さがどの程度なのかで よりエレガンスが見え隠れいたします。

また、もう1本のブルゴーニュはヴィンテージ’89ですが リコルクものです。とは言え、リコルク後も数年の熟成を経ておりますので 徐々にその姿は’89らしさを十分に帯びてきております。開けたては、やや硬いのは リコルクの所以で お互いの姿は1時間後くらいに 好みが分かれるものに。どちらも十分に素晴らしいものですが、個人的には 優雅なサヴィニーが よりその素性を開かせていたような。

〆は、白ワインのリクエストに これで残すところ1本になってしまったルッフィーノのシャルドネ’93を。既に紫煙も我慢出来ずに上げておりましたので、ここからがエンジンがしっかりでしたが どうも若者たちは このあたりで十分だったようです。まま、僕もその後は仮眠をしましたので そんなものでしょうが 彼らはもうちょっとチャンスを得そこなったかな?またまた、お待ちしております。

Sommelier R.Imamura

ヴィンテージ'70

f:id:Budounokura:20230122145325j:image

本日は、すみません お休みをいただこうかと。

勿論、ご連絡いただけましたら 検討いたします!が お早目によろしくお願い申し上げます。

昨晩は少し飲み過ぎだと言うことも 有りますが まま 所用も含めまして。

・Chateau Langoa Barton'70 St Julien

今年のJCさんは、全くの静けさで まあ お問い合わせは有りましたが 開店前のお時間で受け入れが やや不可能でした。東大路通りは、中々の賑やかなスーツ姿の方々は沢山お見受けしましたが・・・・・。

画像は、先日お渡しした ヴィンテージ'70。

このヴィンテージとなると 一般的にはボルドーのイメージで 出来ればポイヤックの印象ですが、まま 特にリクエストまでは無かったのでサンジュリアンの ランゴアを。明らかにはっきりと解る70の数字のお陰で おそらくは喜ばれたのでは?なのですが、一体何方様にて抜栓されたのでしょうか?中々の手強いコルクの状態では?とも思われますが無事お楽しみいただけていれば幸いです。

後は、揺らさずに そろりとお持ちください!とはお伝えしましたが その点も やや心配な方ではありましたが。

ちなみにこのヴィンテージの手持ちも まだ幾分はございましたので ご所望の方がおられましたら。

では、月曜日より またまた よろしくお願い申し上げます。

ぶどうの蔵 店主 今村 竜輔

ヴィンテージ'13'92

f:id:Budounokura:20230121174123j:image

本日は、ランニングを。その後は、来週の寒波の襲来を避けるために店舗に灯油を。併せて次男の散髪の運転手をこなして これまた相変わらずの慌ただしさです・・・・。

散髪屋さんから店舗への最短ルートは、四条通を駆け抜けるのですが やはり中々の渋滞具合で 若干のストレスは否めませんが まま事故無く何とかこなせて。

で 昨夜の 何時もながらの飲み会のように

・Pinot Nero’92 Castello della Sala Antinori

・Nuits Saint Georges Les Vieilles Vignes’13 Daniel Rion

JCさんのお越しを期待しながらも寂しき晩になりました。まま、そのお陰ではないのですが、何時ものムッシュのお越しに結局の飲み会の様に。

ただ、前半にいただいたご連絡で ヴィンテージ’70を。兎に角、’70が記載されていれば何でも良いのか?そんな印象で、有るのか無いのか?幾らなのか?解るけどこちらとしては ボルドーなのか?ブルゴーニュなのか?などのご質問も取りつく島の無いような・・・・・。まま、ご購入いただけるので それは構わないのですが 思いはそれぞれかな?

2度目のテイスティングにもなった ウンブリアのピノ・ネロ。今回は前回以上にイタリアの味わいだった。ヴィンテージ’92くらいになると ブルゴーニュのそれはより熟成感なのですが 後半のタンニンの質感が、硬く これだとサンジョベーゼとも見間違えるほどのスタイルに感じさせられる。まま、考えすぎかもしれませんが これもまたワインラヴァーの心をくすぐる 存在でもあるのです。ただ、やはり この造り手の最上は個人的にはシャルドネだな。

〆は500mlを。残すところは後1ボトルになりましたが、出来の良い ニュイ・サン・ジョルジュの古木です。若干、ブショネの思惑も有ったのですが 華やかな果実味に ピノと言えば やはり このフランスのブルゴーニュに行きつくのは致し方ないのですが このダニエル・リオンは若いヴィンテージながらも 非常に良く出来ております。伸びやかな甘みに 柔らかい酸は 一般的には ブルゴーニュに求める味わいを全て持ち合わせた良質な500mlで。

Sommelier R.Imamura