Budounokura’s blog ソムリエの つぶやき

京都 祇園のオールド ヴィンテージ ワインバー 店主のソムリエの 日々の つぶやき です!

ヴィンテージ'85

本日は早朝の伏見稲荷へ。愛犬を引っ張りながらですが、今日は多くの お犬様との軋轢が有りました。先ずは、リードは最低でもして欲しいな。また、大きな犬をかっておられる方は きちんとイニシアチブを取っていただきたい!小さな犬は怖がるのですよ。その後は、やや 一歩下がっての関係に問題も出るのです。

で 昨夜の お呼び出しにて

・Gevrey Chambertin Cazetiers'85 Michel Magnien

ご近所の担当医の歯医者さん、お電話を20:00ごろ。まま、その段階で覚悟は出来るのでシャワーだけ浴びて身支度を。勝手知ったるのは、こちらの思い込みかもしれませんが いつも以上にラフなスタイルですが まま それ程顧客の皆様は気にもしていないのかな?です。

21:00頃には、とのことでしたので まま最低限のおしぼりくらいはご準備出来て暫しのお時間を。何時もの同級生のこちらも歯科医の方ですが、独身の方でもあられますので 未だに色々な武勇伝をお伺いする次第で。

ブルゴーニュの古酒の、カズティエ。ジュヴレのプルミエの中では 有る意味大切な畑ですが 最近小慣れた作柄を見つけられていなかっただけにこの ミシェル マニャンは仕入れて。ただ、この1本 偉大なヴィンテージの'85で しかもリコルク物としては アタックの香りに既に ひねたそれが。勿論、とは言え余韻に繋がる優雅な甘みは洗練されており 開けたての還元香が取れてくると 柔らかな姿がはっきりと。

お連れの歯科医は、歌いたい!とのことでしたが カミュのブランデーと ラルローのマールを啜り やはり 次の開店されている 歌えるお店を探しに祇園街を彷徨われる ままやや 緩む秋の夜長かと。

今宵も 取り敢えずは自宅にて。もしもし、顧客の方で ご利用のご予定が有られましたら取り敢えずはご連絡を。よろしくお願い申し上げます。

Sommelier R.Imamura

ご連絡をいただきましたので

f:id:Budounokura:20200921220220j:image

連休をいただくつもりでしたが。

食後に うつらうつらとしておりましたが携帯への転送電話が。

まま、ご近所のお願いしております歯医者さんからの ご連絡でしたので。何となくの思惑も見え隠れでしたので 兎に角身支度をして急ぎ店舗へ。

本日のお昼間も そうでしたが 観光の方のお姿は一気にで。久しぶりの渋滞が。相変わらずの京都の醜い姿ですが まま これも致し方なく。

そして、店舗への四条通りも あの みたらし団子屋さんの前だけは 長蛇の列で。こんなところからも 大体どんな方々が中心の観光のお姿は見て取れるのですが。

何れにしても しばしの待機です。

Sommelier R.Imamura

内助の功

本日のお昼間は、3日ぶりの伏見稲荷へ愛犬と。

横浜でもホテルでは、空いた時間に 腕立て と 腹筋はこなしていたのですが有酸素はお休みしていましたので。

そして、本日は連休の本格化で伏見稲荷の山道も 仕方ないですが列が。何とか周りへの配慮も観光の方々には欲しいなぁ。まま、個人差が有るので致し方ないことも理解は出来ますが。

そして、出勤時の四条通りにも沢山の観光の方も。日が暮れるのが早くなりましたが、それでも 暗くなると お人の流れは ぐっと減ります。

で 昨夜は 閑散で もう一泊してきてもよかったなぁで

そんな思いにもふけりながらですが、横浜での素晴らしい時間の中でも特に感じたことが。何時もながら、おちらのご夫婦は仲睦まじくお越しいただくのですが まま その情報に関しては 長いお付き合いながらも まだまだ知らないことは多々なのは当然で。

複数の会社を経営されておられるのも 数年前に知ったくらいで まま 想像の範囲の中では有りましたが ご主人は 淡々と落ち着いた方で。

f:id:Budounokura:20200919185416j:image

その奥様が、そうですね 何時も社員の方々にも為されておられるのでしょうが 一応客人と言うことで タクシーの手配や 帰りのお土産まで何とも出来た方で 感心いたしました。何時もは 僕の仕事のようなことなのですが 改めて人様にしていただくと その卒なさに。また、憎いくらいのお土産のチョイスも美味で ワインにも合いますよ!とのお一言が耳に残り。確かに その味わいも然ることながら 僕の生業も心得たお心遣いにこちらにも必ず何かお返しをいたしたい。まあ、全てをお持ちなので 中々の難題では有りますが。

Sommelier R.Imamura

素晴らしき横浜の晩

f:id:Budounokura:20200918063223j:image

昨夜は臨時休業をいただきました。

9:00代の新幹線にて 前夜のワインが残る肝臓に疲労感は否めないものの 何れにしてもこの時期のご利用は本当に有り難く また少しづつ冬の危険な要因も見え隠れかと。

アクセスに不便な印象のお世話になる大病院ですが、もうこの機会にタクシーさんにお世話になることで時間と疲労 また感染の危険を減らせるのであれば。とは言え、個人タクシーさんの運転手さんは マスクしてなかったなぁ?

そして、今回の結果 年末の11月と12月は 暫しの休業をいただくことになりそうです。数値は随分落ち着いており、お薬の効果ははっきりと出ているようですが アルコールに起因する数値が やはりの異常な数字に手術の困難な点が指摘されているだけに 毎日運動はしているのですが 悩ましいものです。顧客の皆様方には多少のご報告とご理解はいただけていると思いますが 少しずつご説明もいたしますので よろしければ またお声をお掛けいただけましたら幸いです。

で 昨夜の 御馳走様でしたは

検査をこなした後に お約束をしておりました横浜の顧客のもとに。JRで30分程かな?京都から大阪くらいの印象でしたが、何もない?ともおっしゃられるものの イベントさえ再開されれば 此処はまた多くの方々の来訪が戻ることを。そして、美しい湾岸エリアは京都ではあり得ない 大きな建物が乱立する 大都会だなぁ〜と田舎者感は否めません。そして、あのプランを使用してとは言え 贅沢なホテルのご手配までしていただき 何とも申し訳なく。

そして、夕食は中華街のあの名店を御馳走様していただき 何もかも美味でした。まま、懐石風に少しづつでしたがコースで贅沢な品々に意外に食べれたなぁ しかもワインも3本を。下世話は話題をお伝えしながらも ワインリストから気になるものも。

カリフォルニアのシャルドネのカリン セラーズのヴィンテージ'96は懐かしい銘柄で僕のカウンターでも扱う機会が有りましたが 此れは素晴らしいのはわかっているので。99が在りましたので、こちらを。21年の熟成ですが、これも幾分硬さが残るものです。とは言えブルゴーニュの赤ではDRCでは90年代はありましたが それ以外では唯一の‘90年代ですのでこれはこれで面白味の有るリストの中の逸品かと。

そして、メインのお料理のころにはワイン選びは悩ましいものの老眼がなあ。僕の顧客の皆様にもご迷惑をお掛けしているのでしょう。見落としていたもうひとつのカリンセラーズのセミオンのヴィンテージ’01なんかが有ったとは!余韻の淡さは、穏やかながらも その熟成感は綺麗に進んでおり中間に挟んだ赤ワインもボージョレであったことが また引き立つ幸いで。

そして、その後の〆ワインは ご自宅へと。お引越しされており もうホテルと変わらないでしょう!整然と整えられたお部屋は 彼らのライフスタイルが見えてきます。また、ワインセラーの中には 此れまた素晴らしい銘柄の数々に目も眩む流石のラインナップに ジャイエはご遠慮ですがシャトー・ラトゥールを。ヴィンテージもリコルク物で‘83を久々に。これぞ飲み頃の逸品と言うのが森の下生えと言いますか。大分、疲れが出まして そそくさとのお別れでしたが いやあ素晴らしい極上の晩にお返しが難しいなあ。心より ありがとうございました!

Sommelier R.Imamura

ヴィンテージ'08'05'03

 

f:id:Budounokura:20200917131949j:image

本日は、ほぼ ベットで目を瞑るくらいの時間のみで 新幹線に。流石に 眠たい。富士山も雲がかかっていたし 出がけ際のテレビの占いで双子座は12位だったので ラッキーアイテムがナポリタンだなんて お昼にマリナーラを食べたけど。

と言うことで 本日の営業は 臨時休業とさせていただきます。ご予定をされていた方には申し訳ないのですが これに懲りずにご愛顧いただけますことを心より。

で 昨夜の 肝臓に負担が?の晩は

・Les Brun Servenay Grand Cru'08

・Saint Aubin'05 Louis Latour

・Guidalberto'03 Tenuta San Guido

18:00前のお電話でしたが、失礼いたしました おしぼりすらご準備出来ておらず。ご理解いただける方ながらも このコロナ中は そうだなぁ 勿論やる気はあるのですが ほぼスロースターターなのと 深夜のご利用の無さに嘗ての様相とは異なるもので。

とは言え 名古屋からのムッシュは今宵はお帰りのご予定でしたので しばしの炭水化物とシャンパーニュ・白ワインにて。

前夜のドンペリニヨンと比較をしてはいけませんが、このヴィンテージ'08のグラン クリュもヴィンテージ シャンパーニュ特有の厚みのある コクが上質です。特にまだ日が差す時間帯には、これくらいの熟れ感がよろしい場合も。結局こちらをふたりで飲み切り サントーヴァンへと 進みます。ヴィンテージ'05の 優良なシャルドネなのですが 先にグラン クリュ ヴィンテージ シャンパーニュを飲んでしまうと 今までの印象よりも やや小ぶりな姿が見えてしまう。とは言え 番人向けの上質なルイ ラトゥールで。

お電話をいただいたのは、はあ やはり ちゃんとしているこだなぁ。先日の ややすったもんだの留学生さんでしたが 数日後に お越しになられ その旨をご説明になられるあたり こちらはそれほど気にもしていないのに 素晴らしいことで。まま、一度の酔った際での出来事で しかも20代の若者で異国の方の 振る舞いに ほんの少しは ここでも触れましたが そこ迄は。

此処でも結局 サシカイアのセカンドのグイダルベルトですがポジティブなヴィンテージ'03は 空いてしまうのです。まま、偶には若者との会話も 若返りの機会を得るとも言いましょうか?

またの機会を得られるように よろしくお願い申し上げます。

Sommelier R.Imamura

Dom Perignion'93

f:id:Budounokura:20200917034000j:image

本日のお昼間も愛犬と伏見稲荷へ。

そして、明日は臨時の休業になります。東の都に所用にてですが、よろしくお願い申し上げます。

金曜日には変わらず、通常の営業の予定ですので 連休のご予定を祇園街の片隅も含めていただければ幸いです。

で 昨夜の 素晴らしいシャンパーニュの代名詞は

・Chateau Calon Segur'85 St Estephe

・Latricieres Chambertin'84 Camus Pere & Fils

・Moet et Chandon Dom Perignon'93

こちらの方からも久々のお電話が。以前も同じスタイルでの、お持ち帰りでしたが 僕のカウンターの場合はテイクアウトでは無くヴィンテージワインの。ヴィンテージ'85の手持ちを聞かれ、ふと目に付いたのはハートのエチケット。先日のヴィンテージ'95'78に続いて またもやの偉大な作柄でしたが 困った時には重宝するシャトーだけに またまた手持ちを探しておきたい。

また、お会計後ながらも思い出されたのかヴィンテージ'84も有るか?とのことでしたので、そう 此処は難しい作柄なのをお伝えした上での 今月のお勧めのブルゴーニュの1本も。価格は下がるものの カミュのラトリシエールはグラン クリュの逸品で。ある意味では こここそが 僕のワインセラーの真骨頂かもしれない。難しい作柄なのでと 引き下がるのが並のワイン屋さんでしょうから。

気を良くしておりましたら、またまたのお電話に 先日の跳ね馬会の方から。はぁ、あの機会にもお名刺をお渡ししていて正解でした。今宵、この方もか?のフォーシーズンさんにお泊まりにとても美しい方と。そちらのバーでもよろしかったでしょうに 此処にもオールドヴィンテージを望まれる方は。

とは言え手持ちの中では 中間的なオールドさと言いますか27年か?まま 此処にも思惑は有られたのかな?でしたので それ以上は、でしたが これが素晴らしい熟成を。

嘗てはこのヴィンテージのプレステージは硬さを苦虫のように耐えた時代も記憶に。ですが、泡はまだまだ 柔らかくも元気でしたが 酸が非常に滑らかに クリーミーで 此処からが このシャンパーニュの代名詞の真骨頂のように。はぁ、やはり一番 この泡を微かに含んだ液体が最も好きだ。

Sommelier R.Imamura

やっとの解消かな?

本日のお昼間も愛犬と伏見稲荷へ。

日中は、今しばらく 汗ばむ残暑も残りますが やっとのことで季節の変化をはっきりと感じられる朝晩です。昨夜も 夜間はエアコンの必要は無いくらいの 冷んやりの風が店内にも。ただただ 今年も奴が油断すると。緑の小さいながらも硬く 危機を感じると青臭い強烈な臭いを発する あれが網戸の無い店内に・・・・・。闘うことになりますが。

で 昨夜は やはりの閑散と

週頭の静けさも致し方ないのですが、まま 先週末のケアをしながらの。

f:id:Budounokura:20200915185645j:image

そして何よりも 改善と言うか物理的に治りつつの 店舗のメイン ウォークインセラーの結露がほぼ。何であれ極端なことは困る要因で 湿度が高すぎると この場合はセラー内部よりも外部の店内に色々と問題が。より涼しくなることを!ですが、どうやら明日からは また雨模様で湿度が上がる予報ですので こちらも もうしばらくかな?

とは言え 秋風感じる階上にて ワイングラスを磨いてお待ちしております!

Sommelier R.Imamura