Budounokura’s blog ソムリエの つぶやき

京都 祇園のオールド ヴィンテージ ワインバー 店主のソムリエの 日々の つぶやき です!

ローヌ ヴィンテージ'83'80

f:id:Budounokura:20191214185038j:image

本日のお昼間も 慌ただしく あれこれと。店舗にストーブ用の灯油に 愛犬のお散歩に トライアンフと まま お天気も良かったので。仕事前から 疲れましたが 出勤後は これまた やや 残念なことも。

開店前のお問い合わせの祇園街の ママさんでしたが 間に合わず・・・・・。

そして お問い合わせの 銘柄も 手持ちは無かった・・・・・。ブルゴーニュのMMの'70年代か、意外にこの造り手の オールドは 以前から余り見かけない。訪問もしたことは有りますが 生産数は少なくはない筈ですが 割り当ても 厳しそうな?少し 悔しさも。

で 昨夜の 深夜の ローヌの 正に逸品かと!

・Chateauneuf du Pape'80 Chateau de Beaucastel

・Chateauneuf du Pape Pignan'83 Chateau Rayas

年末の金曜日なんですがね、静かで まま 東京からの帰宅の疲れは 少し取れましたが 寂しさも。

ですが、深夜に やっとのことのお越しでしたの おふたりでしたが 何時もの。お姉さんは 先日もご利用いただきましたが こちらのムッシュは 大分と間が空いてしまっており。ご相談も したいことは 勿論でしたが まま 事後報告に近い感じにも。

とは言いながらも 極上の素晴らしいローヌの2本に 当然のように憂いは!

ボーカステルの ヴィンテージ'80は 明らかに熟れた段階を意識させてくれる ボトルから透ける色調は 淡く この 変態達の好みには ばっちりの。

コルクは 辛うじてから 折れてしまいましたが そうだなぁ 抜群の個性とは いかないものの 柔らかな味わいは 余韻の エッセンスの残り香を除けば もう ブルゴーニュとも。

勢いも合わさり ローヌの 最上の造り手の セカンドへと。ヴィンテージ シールの 記載が 初めてのスタイルでしたが ワイン商の確約済みで やはり こちらも素晴らしい、ですが このヴィンテージ'83ながらも 勿論熟成感は 有るものの やや 未だに若さすら。この造り手の 本当に状態の良いものは 流石です。こちらも 余韻の香りなんですよね、この造り手だけにしか出せない ラヤスの 妖艶さが 溢れており!

何時もながら ありがとうございます!

Sommelier R.Imamura

ヴィンテージ'06'95

f:id:Budounokura:20191213183928j:image

臨時の休業をいただきました。東京に行って参りましたが 何とも またまた 異なるご意見をいただき またまた どうしたら良いのか悩ましく。とは言いながらも 治療は 少しずつではありますが 進めておりますので 何処かでは決断しなければなりませんので またまた考えなければ・・・・。

また、晩は 是非ともお伺いしてみたかったワインバーと言いますか レストランになるのかな?辿り着くのに大変でしたが 堪能いたしました!素晴らしいワインと 素晴らしいお料理に 後半は酔ってしまいましたが 久々の友人との時間も 特別で。そして、普通にそんな 高額なブルゴーニュが2本も開いていたなんて。しかも DRCのエシェゾーのヴィンテージ'85を半分くらい残して帰られるとは!やはり 東京には 僕にも理解出来ない世界が有るもので。またまた お伺いしたいものです!

で 一昨日の晩は

・Le Brun Servenay Grand Cru'06

・Chateau Calon Segur'95 St Estephe

お休み明けには またまたのワインの 入荷に 少し危機感も感じますが やはり ブルゴーニュのオールドは 必要ですので。画像の クリスチャン コンフロンは 以前も オールドを纏めて仕入れた記憶は有りますが あの手持ちも無くなったので この再会は嬉しくも!ヴィンテージ'87'82'79のニュイ サンジョルジュと シャンボール ミュジニは 美しく溶け込んだ色調で!

前夜の ドクターは 小言をおっしゃられていて 僕はお供をしなかったので 状況を理解出来ていませんでしたが この晩は 謝罪を兼ねての。やはり 酔われていたようで。まま、解りますが お供したソムリエさんには謝らないと!

その後の団体さんは5名様にて。カウンターに陣取っていただき ありがとうございます。

そして どうやらこの面々の中では 最も若手のマダムのお誕生日のお祝いのようで。

なのでシャンパーニュからのスタートは まま ブリュン セルヴュネイのヴィンテージ'06は このところ頻繁です、それだけ使い勝手の良さと ヴィンテージ シャンパーニュの十分な コクの深みに 先ず先ず 前座としても。

その間に聞き出せていたので まま このヴィンテージ'95のお生まれ年の ハートを。24歳ですか、まま 色々とのお悩みも出て参りましたが まだまだ大丈夫ですし 沢山の恋を!

そんな意味で このボルドーではないのですが 優良なヴィンテージの'95も 大分とこなれて参りました。しなやかでありながらも ビターな余韻の味わいに このシャトーのバーティカル コレクションの仕入れも またまた 意識させられます!おめでとうございます!

Sommelier R.Imamura

ヴィンテージ'01'99'74

f:id:Budounokura:20191211190050j:image

本日のお昼間もジムに。

今週は 金曜日のノルマを果たせない予定ですので かなり今朝方のワインが体に残っていたような気もいたしましたが 目一杯の。

そして明日の東京への準備も少しだけ。

で 昨夜の 素晴らしい晩ながらも・・・・・

・Le Brun Servenay Grand Cru'06

・Lirac de la Reine des Bois'01 De la Mordoree

・Conteisa'99 Gaja

・Chateau Marquise d'Alesme Becker'73 Margaux

・Pommard Les Chapennieres'74 Parent

前半から サッカーの代表戦を!のところに ご近所の鰻屋さんが。まま、ご一緒に観戦しながらの いつも通りの シャンパーニュ

こんな時間に?の こちらもご近所の後輩の ソムリエさん、クビになったか?との冗談もでしたが まま、モルドレの リラックは プロの彼らにも 是非ともの!ですが これからが今宵の彼の問題の始まりでした。

お電話では 気が付きませんでしたが 東京からの ドクターは こちらも律儀にお越しいただき。

実は ワインのお好みは やや しっかりめのようで。と言う流れで イタリアで 攻めようと ご予約の額から サシカイアを!ご準備しつつも どうやらの ピエモンテも好きだとの。ですので 急遽こちらの コンテイザを。ヴィンテージ'99の ガヤの バローロの 逸品ですが 若さも否めないかな?と思ってはおりましたが 非常に しなやかな どちらかと言うと ネッビオーロは ピノ ノワールのスタイルでは ありますが これはまた スミレ薫る素晴らしさ!

と 此処までは よかったのですが その後にご紹介した クラブさんで 先のソムリエくんにお供してもらいましたが どうやら トラブルが。三方向からの説明ももらいましたが 当事者では無い僕には 良く判らないところも 有りで。ですが、最後まで ケアし切れずでしたので 心より申し訳なく。これに懲りずに よろしくお願い申し上げます。

また、その間にお電話にての ヴィンテージ'73の お求めも。素敵な女性の お使いになりましたが 48年と言われましたので てっきり1948かと思いましたが 昭和のことで。おつれさまのお祝いにご利用の この手のリクエストも有り難い限りです。

〆は 久々の若社長も。空いてるだろう!とのことでしたが まま 何時もながらで、ありがとうございます。なので、ヴィンテージ'74の パランの ポマール シャポニエール、嘗ては やや 格下の造り手の印象もありましたが、今となっては この造り手のものも 辛うじての仕入れになります。が、抜群の抜栓直後からの極上の熟成香は 正に熟成したボトルからしか出てこない トリュフ香る 特別な。

とてもとても 長い晩になりましたが 気掛かりなドクターへのトラブルのみが 気掛かりかと・・・・。

Sommelier R.Imamura

 

ヴィンテージ'09'00

f:id:Budounokura:20191210183140j:image

本日のお昼間は ゆっくりと。お天気も 良かったので 洗濯物も余計目にでしたが 我が家の長男は 世間知らずで 洗濯機のキャパを知って欲しい!入れれば良いってもんじゃない!

で 昨夜の お初の

・Vosne Romanee Clos des Reas'09 Michael Gros

・Chassagne Montrachet Les Ruchottes'00 Ramonet

お人の記憶と言うものも ある意味で曖昧でもあり また ある意味でも非常に鮮明にも。

華やかな5名さまは 芸妓さんを含めた方々で 遠方からのお料理屋さんのご夫婦だったようで。そんな意味でもブルゴーニュ ラヴァ〜と言うのも良く解り。お選びにも迷われた末では有りますが クロ ド レアを。ヴィンテージ'09は 正直 全てのブルゴーニュ ワインの中でも ひょっとしたらお初のテイスティングになってしまったかな?と言うくらい僕のリストの中では 最も若いヴィンテージのブルゴーニュかと?ただ、このミシェル グロの ヴィンテージ'09は このキュヴェの150周年を祝う特別なエチケットの豪華版で有り また 近年でも ポジティブな作柄だったかと。とは言え 実際には このヴィンテージでも 10年の時を経て 果実味の塊感の強い かなり豊満なスタイルで。これはこれで ありなんですが 個人的には ブルゴーニュと言うよりも?の印象も。まま 美味しければ それはそれでなのですが。

次回は桜の時期ですか!芸妓さん方は 戻られリラックスの1杯も。

お電話での 英語の対応は 僕には かなり厳しく。まま、結果的にはお越しいただけ 良かったのですが その後も 中々の苦戦で。こちらも 結局は ブルゴーニュ ラヴァ〜の 大陸からの。

白ワインの選択でしたが この造り手のヴィンテージ'00の プルミエは やや 還元気味ながらも ワイン好きのムッシュに 途中からは お任せして ほったらかしに。ゆっくりと吟味されるような 飲み方に ペースはそれぞれですが お注ぎしないほうがよさそうでしたので。

何度もトランスバージュしながら 温度も冷やしこむなど やや 僕には理解?でしたが まま そんなお楽しみも有っても よろしいかな?です。

またまた機会が有られましたら。

Sommelier R.Imamura

ヴィンテージ'06'01'01'92

f:id:Budounokura:20191209185047j:image

休日は 相変わらずの 運転手でしたが やや 疲れが出ました。まま、先週は 穏やかながらも毎晩の素晴らしいワインの数々に 有り難い限りです!

ですが、やはり 京都の渋滞は醜いなぁ。まま、煽るわけではないですが 休日ドライバーの方々も スムーズに運転していただきたい!ま と言うよりも 今日も ワイドショーで話題になっておりましたが 観光の方々への ご負担も 京都市は しっかり求めるべきかと!勿論お越しはいただきたい!

ですが、本当の意味での 経済にも効果の有られる方々に是非!

で 先週末の これまた

・Lirac de la Reine des Bois'01 De La Mordoree

・Chateau Gloria'01 St Julien

・Le Brun Servenay Grand Cru'06 
・Ortrepo Pavese Pinot Noir'92 Querciolo

どうなってるんだ!そんな静かに待ちぼうけの 土曜日の晩でしたが こちらのおふたりが やっと。

お待ちしておりましたが 中々で。今回は 最愛の彼女さんでしたが 後半は やや 珍しく彼女さんの 愚痴っぽい部分もお伺い出来たのも面白かったですが ムッシュは 少し大変でしたかね。

また、現在の日本のトップ ソムリエのお話になり 意外な内容もありましたが 是非とも機会が有れば楽しみかと。

モルドレのリラックは とても 印象が良く しなやかなブルゴーニュ タッチの味わいに ワイルドな 獣の香りは この季節の!

結局 グラスとは言え お互いに飲み干すように。ヴィンテージを合わせたり するお遊びも 僕のカウンターでの 当たり前の手持ちかと。こちらは やはり 一段とエレガントに 流石のボルドーで。お好みは 多々ですが より 落ち着いた 滑らかな味わいに 銘醸地は 歴史が また 一段と。

挙句に こちらには シャンパーニュと グラッパまで お勧めしてしまい お付き合いありがとうございます!

こちらも 久々の 歯科医のドクターに 何時ものお姉さんと 若者が。となると お料理を必死に!なのですが 多少の段取りが 出来て幸いでした。500gの Tボーン ステーキも 如何でしたかね?まま 若者が 全ていっておりましたが。

若いヴィンテージながらも このグラン クリュは 失礼ながら ノン ヴィンテージとは そらぁ 充実した果実味に 深夜でも 背筋が 少し伸びますね。

イタリアの ピノ ネロ ですが こちらもヴィンテージ'92となると 素晴らしい淡いスタイルに纏まりが。この お買い得なオルトレポ パヴェーゼも 最後のボトルでした。また 再会したい1本でもありますが。

Sommelier R.Imamura

ヴィンテージ'97'78

f:id:Budounokura:20191207184054j:image

本日のお昼間は ゆっくりと愛犬のお散歩に。

その後は サッカー観戦をテレビにて。代表戦以外は海外サッカーくらいしか 余り興味もないのですが 先週からの流れも有るJリーグでしたので。前半で 勝負は有りでしたが 勢いがなぁ。

で 昨夜の これまたヴィンテージは

・Gaia & Rey Chardonnay'97 Gaja

・Santenay Commes'78 Hautes Cornieres

週末の晩なんですがね、静かな流れに気を揉みましたが こちらも ドクターが。今宵のリクエストは ヴィンテージ'97とは これまでの中で 遂にここまで 来たかと思わされましたが 中々頃合いの良い銘柄を 見つけ兼ねましたが とは言いながらも 有るにはあったな。ルソーの シャルムと言う選択肢はセレクトされませんでしたが まま 昨夜は そこまでの印象は受けないお連れさまでも。

どちらかと言うと白ワインの方が!のマダムに 忘れていた コシュ デュリや ラフォンなども 加えたものの 結局は まま これも素晴らしいアンジェロ ガヤの 特別を。

かなり 苦戦した為 この 1本は 顧客の方のお取り置きだったのですが すみません 使用してしまい。また、お探しいたしますが これも 中々難しいもので。肝心の中身は やはり これも イタリア最上の白ワインの印象通り グラスで お渡しした パカレの シャルルマーニュを 優に凌ぐ極上の甘みは もう イタリアン シャルルマーニュとは呼べずの イタリアン モンラッシェかと!

連夜のご利用が お願いしたいもののですが。

当初は グラス ワインにて ポテルの モレを おひとりで だったのですが 会話が 繋がり始めると ご一緒に。そして 長丁場になると休まれていた マダムの合流に ヴィンテージ'78へと。

明らかに この銘柄は 格上と言う印象を受けました。プルミエ クリュの この コムですが 以前の村名の サントネイとは 明らかに 異なる ムッシュ曰くの 薄うまの 出汁のニュアンスに 今宵の〆は これまた 極上のピノ ノワールの逸品かと。余計なお話も多々いたしましたが これに懲りずに またのご機会をいただけましたら。

Sommelier R.Imamura

ブルゴーニュ紅白

f:id:Budounokura:20191206184115j:image

本日のお昼間も ジムに。このところの 連日のワイン量が 増えておりますので やや疲れも有りましたが 基本的なノルマは。ちなみに プロテインは 既に遠慮しておりますが BCAAは継続しており。これが アメリカから届くのですが 90回分の大きなボトルで 今回は フローツパンチ味だったのですが やや 好みでなく・・・・・。余韻のチェリーの風味が 苦手なのです。しかも 90回分。

で 昨夜のブルゴーニュの紅白は

・Beaune Clos de la Feguine'98 Jacques Prieur

・Echezeau'91 Henri Clerc

前半は そろそろ やっておかないとの 会計処理も でしたが 今宵も 芸妓さんを引き連れての 岡山から。最近は 白ワインの素晴らしさに 気が付かれており。少し良いものを!との白の リクエストに 今回も 当然ながら ヴィンテージ'98なんだろうな の ワインのセレクトを。

'90年代後半からの この造り手の 評価は 著しくこのボトルで この辺りのヴィンテージは 最終で。しかも 白で このクオリティは 流石の味わいで 白胡麻の風味香る 上質な シャルドネは 中々見掛けないヴィンテージになってきております。

連夜のドクターは 本当にお元気かと。しかも 80代に 入られますか そう考えると本当に。

今宵は 福岡からの マダムを伴われて。ワインラヴァーを自称される酒豪でしたが ブルゴーニュの 選択肢から やはりのグラン クリュを。ヴィンテージ'91は 個人的にもポジティブな飲み頃が 多いものの 今回の アンリ クレールの エシェゾーは やや 硬さを残しながらの。まま、とは言え その酒質は 当然ながら 大振りな膨らみに甘みの特徴は 特級に由来ですが 余韻のタンニンが 残るところに 若さは残るな。京都の晩を ご堪能いただけていれば幸いです!

Sommelier R.Imamura