Budounokura’s blog ソムリエの つぶやき

京都 祇園のオールド ヴィンテージ ワインバー 店主のソムリエの 日々の つぶやき です!

ヴィンテージ'98'95'82

f:id:Budounokura:20191017175949j:image

本日のお昼間は 次男の運動会に。

彩人くんは やってしまいました。諸事情有りまして 彼は小学校最後の運動会ですが ほぼ この種目の選抜リレーのみで。なので 思いも有ったかと思いますが トップで 受け取ろうとしたバトンを落としてしまい。その為 2番手での快走になりましたが まま それも良き思い出にしてくれればと。

で 昨夜と言いますか 朝方までの

・Montepulciano d'Abruzzo'98 Tollo

・Chablis Beauroy'95 Bernard Romanof

・Chateau L'Arrosee'82 St Emilion

何ともですが お越しになられる方は ワイン商の方に 集金の方と お商売的には・・・・。

そして深夜のお電話は 久しぶりの同業者の彼より。何か事が有ると顔を出してくれる彼は 4年前の移転の際も 唯一のお手伝いをしてくれた 大切な縁のある人物かと。

まあ、しばらくの間にですがお互いに話すことも多々あり。お陰で気が付けばの8:00を過ぎており。僕も 運動会の予定も有りましたが 彼も家族サービスはできたかな?の心配も。

この ラインナップも 例のワインでは有りましたが ほぼ全てが 良好なもので。

ヴィンテージ'98の モンテプルチャーノ ダブルッツォでしたが 今宵の中では 最も気になる部分もありましたが その中でも やはり この国の赤ワインは 強固な酒質もあり 太陽の味わいも。

そして何よりも でしたが このハーフボトルの シャブリの プルミエ クリュが 個人的にも好みのトロける味わいの 健全な状態で。蜜のテイストは シャルドネの豊満なスタイルをはっきりと。

ボルドーのヴィンテージ'82は 贅沢になってしまいましたが このサンテミリオンの地味な存在ながらも 綺麗な熟成を経た逸品は その味わいを理解出来る方との 飲み込みが また意味あるかと。

お互いこの道の中で 辛うじて生きておりますが まま 偶にはそんな時間もよろしいかと。

ほろ苦くも 柔らかく しなやかな味わいは この季節の ショコラにも 似通うもので。

またまた 気兼ねなくお越しください!

Sommelier R.Imamura

 

無題

f:id:Budounokura:20191016195941j:image

本日のお昼間も ジムに。月曜日の 祝日のお陰で少しだけ間も開きましたが 取り戻すように。

それにしても 連日のニュースでの 河川の決壊の映像は 東北の震災の映像にも劣らないほどの衝撃にも。川沿いなどは まあなぁ 景観は良いだろうけれども やはり 建ててはいけない 場所のような気もします。益々 色々な 災害が 起こらないことを。

で 昨夜も 静かで・・・・・

そんな折では有りますが 気が付けば 来月は 新酒の解禁の月に。もう 今更のようでも有りますが 立場上も鑑みるとご準備は当然ながら。

ボージョレ ヌーボーは 11月20日の24:00解禁の予定です。ここ数年の定番ですが マルセル ラピエールの淡いガメイを 今年もご予定しております。まま、1杯くらいは 何時もとは異なるチャーミングな 軽やかな味わいを如何でしょうか?

よろしくお願い申し上げます。

Sommelier R.Imamura

連休をいただきました

f:id:Budounokura:20191015183403j:image

連休を いただきました。

実際には 台風の日も 開店休業状態でしたので 3連休にも値するような・・・・・・。

まま、若干ですが 子供達と話し合うことも 少し出来 意義のある時間も作れたことが。

そして あっという間に 10月も 半分過ぎてしまいましたので このままでは不安な状況ですが 後半に掛けて 心より顧客の 皆様のお越しをお待ちしております。よろしくお願い申し上げます。

ちなみにですが 土曜日は まま デスクワークに励む時間でしたが やや 問題も。お気持ちも解りまが 危機的な状況だったのかも?ですが お手洗いの使用のみで 立ち去られた 大陸からの。

まあ、扉を開けられると こちらとしては 何れにしても いらっしゃいませ!とは 応じます。

お三方で WC と 聞かれ 直ぐにご利用に。女性はワインリストは ペラペラとめくられましたが 椅子に掛けることもなく 5分が過ぎたので ああ 有り得るな?ともおもいましたが 結局 大きな方のご利用をされ サンキューと 立ち去られたました。わざわざ 5階まで 上がっての 所業ですので 僕的には 想定外でしたが 何ともねぇ まあ 基本的には 分別有られる方には 有り得ないことでしょうから 事故だと思いますが 国籍を問わず マナーをよくよく ご理解いただきたい。大したことではないのですが 驚きも有りましたので。

Sommelier R.Imamura

ヴィンテージ'00'96

f:id:Budounokura:20191012182244j:image

関東の皆様は ご心配では 有りますが 京都は 雨風のみの 通常通りの営業を致しております!

週明けの 悲惨な 報道が為されないことを心より。

で 昨夜の やはり影響は 有りますか・・・・・

・Chateauneuf du Pape'00 Chateau de Beaucastel

・Clos de Petit Belivier'96 Pomerol

相変わらずの 自転車操業の 僕にとっては 勘弁して欲しい この天候ですが 被害の無い 関西にとっては有難いことでも。

若干 木曜日の 造影剤の影響が 出ているのかなぁ、やや 蕁麻疹のような 症状が出ており。相変わらず なんだかんだと 困ったものですが。

東大卒のおふたりでしたか。うーん、正直そんな お知り合いも ほぼ おりませんので よく解りませんが お坊さんと 京大の研究者さんとは これも 意外でしたが。

それにしても 素晴らしいワインへの見識でしたね、よく 飲み込んでおられる しっかりとした知識をお持ちで まま 経験の浅いソムリエなででは ほぼ 太刀打ちは不可能だろう。特に ローヌの あの最愛の造り手の ラインナップに関しての テイスティングの 知識と その 見解に 大きく同意する部分が有り これは 正に飲み込んでおられないと 解らないことです!

そんな彼のセレクトは 今回は ボーカステルを。ヴィンテージ'00は そろそろ どうだろう?と 期待の抜栓でしたが、ついに 一般的な飲み頃に到達しており もう タンニンは 完全に 溶け込んで 愛らしさが はっきりと。味わいだけだと ブルゴーニュ タッチの 柔らかさですが 香りが やはり 隠しきれない ムスクの 獣臭を。これで おそらくは 手持ちの'90年代の ヴィンテージ'99'98'97'94なども 期待は大きく!

足りない酒量は ポムロールの クロ ド プティ ベリヴューの ヴィンテージ'96を。これも また ほろ苦さも 綺麗に纏まり 落ち着いた メルローの 大人の味わいで。

〆の 紫煙と 貴腐ワインまで 行きましたが 流石に 酔われたようで この辺りは トーンダウンされていた 印象も。お体付きとしては 僕より がっちりの ウェイトも しっかり 為される方でしたが まま お疲れも。またまたの 機会が あられましたら。

Sommelier R.Imamura

ヴィンテージ'93

f:id:Budounokura:20191011182403j:image

台風の報道の尽きる。

確かに 千葉県の方々にしてみれば お気持ちは痛いほど。

次男の小学校は明日が 運動会でしたが 当たり前ですが 中止に。木曜日に変更と言うのも 一般の お父さん方には 可哀想ですが こればっかりはなぁ・・・・・・。

で 昨夜も 深夜の

・Santenay'93 Louis Latour

取り敢えず 本日も明日も 通常通りの営業ですが 明日の 交通次第でしょうか?比較的 強固な 京阪電車さんが 動いておられると 危険ではない限り 明日も 営業を予定しております!

今回も 京都は 如何でしょうか?

深夜に相変わらずの お二人でした。変わらずの お綺麗な お姉さんには 今回も ヴィンテージ'93を。社長も 今回も お疲れは あられたようですが 早朝からの ゴルフには タフさも。

まだまだなぁ 正直若さも残しますが 余韻に モカのニュアンスが やっと 出始めており その 個性を 上質なワインへと変化している段階に。そう、実際には この ルイ ラトゥールの サントネイも グラス アイテムにて仕入れたものでしたが こう言った使用は 非常に意味の有る 抜群のパフォーマンスで。ただ、意外に ヴィンテージ'93を探すのが 大変なのも 昨今の状況かと。

何れにしても お二人共に 今朝の起床がなされたことを祈ります!

それにしても サッカー 野球 バレーと うーん やりすぎじゃないかなぁ?

週末ですが よろしくお願い申し上げます。

Sommelier R.Imamura

トスカーナ'98

f:id:Budounokura:20191010181634j:image

本日のお昼間も またまた 病院に。取り敢えずの 検査は ここまでのようですが その度その度に 福沢さんが カード会社を通じて飛んでいく・・・・・。何とも 疲弊いたします。

で 昨夜の ドクターは

・Romito del Romitorio Saint Antimo Rosso'98 Castello Romitorio

やはりと言いますか テナントビルの 他店さんの 玄関看板が 新たに。目立つべきなのでしょうが うーん?です。勿論、お店の立ち位置などの 関係で 解る部分も有りますが 特に玄関周りは 品性が 問われるところでも有るかと?なので。

静けさは 相変わらずですが お初のドクターは 神戸からだったようで。

かなり特殊な専門の ドクターでしたが ゆっくりと お話を交わすことが 出来た事は 楽しく また これが 種まきにも なっていることを心より。

お好みは トスカーナとのことでしたので。ですが、よくよくの 内容では あの ピエモンテの 最愛の 彼の名が告げられ。もう既に 時遅しでしたが まま そこまでの 強い拘りのようでは無く。

ヴィンテージ'98の サント アンティモ ロッソで 中々 強固なタンニンを 称えており。20年の時を経ておりますが この辺りのヴィンテージでは 優良な造り手の 特別なキュヴェは 流石の 長命なワインを仕込んでおり。と言っても やはり 旧世界のワインには 酸が綺麗に バランスを取り 気が付けば ボトルは 空いているのですが。

お初ながらも 色々な お話になりました。またまたの 機会にて またの ご報告も いたします。

よろしくお願い申し上げます。

Sommelier R.Imamura

頂き物ですが

 

f:id:Budounokura:20191009183417j:image本日のお昼間は ジムに。取り敢えずは いつも通りの 動きなのですが 明日は またまた 病院に行かなければ なりませんので 気掛かりは 愛犬の お散歩に行けていないことかな?家族の 誰かが 行ってくれないかなぁ?なんですが・・・・・。

その後は、週末の 準備を。と言っても 店舗の ご予約では無く 自宅の庭の対策を。本当に 影響が有るのかは解りませんが やはり 自身の自宅も そうなのですが 他所様にもご迷惑をお掛けは出来ませんので。調子の良い トライアンフを 家に 寄せて 現在不動車のベスパも くっ付けて。

後は 日差し避けのタープを 取り外すのですが その頃には もう この季節の 夕方には 恐怖の 虫が!完全防備ではないものの 僅かに露出する部分に 蚊が もう10匹ほど集り。

この季節の 刺された後は 痛いほどの 痒みに ストレスも。まま、兎に角 やめて欲しい週末の 被害などが 無いことを心より。

ちなみに 店舗の方での この季節の 悩ましい点なのですが 今年も 既に 夕方からは 冷んやりと気持ちの良い風が吹くのですが 困った侵入ものが!蚊は 5階までは ほとんど来ないようで。細かい虫は多数ですが まま こちらは 軽く殺虫剤にて。問題は あの 緑色の かなり 厳しい異臭を放つ奴です。あのサイズでも 羽ばたきと言いますか 音がするんです。また、捕まえると あの 異臭なので 営業妨害なのですが 捕獲の コツは掴みつつ?です。

まま、八坂神社の 自然の恵みの一部では 有りますが これも致し方ないか・・・・。

と言うことで 昨夜は 閑散でした。

週末に掛けて 微妙では 有りますが 気持ち良い風を感じながらの ワイングラスを傾けていただけましたら!頂き物の 胡蝶蘭も 綺麗です!

Sommelier R.Imamura