Budounokura’s blog ソムリエの つぶやき

京都 祇園のオールド ヴィンテージ ワインバー 店主のソムリエの 日々の つぶやき です!

ミレミアム

f:id:Budounokura:20220701180104j:image

暑すぎて 自宅のベランダの薔薇が日に何度も水を欲します。

今日は筋トレをこなしてから 今年もベランダプールにて 暫しの。背丈がベランダをゆうに超えた、シマネトリコの新緑と ピンク系のイングリッシュローズを眺めながら。夏の日差しにあたりながら。

で 昨夜は10年ぶりはオーバーですが

・Christian Senez Grande Reserve’00

・Chianti Classico Reserva’00 Antinori

今夜もウインブルドンを観戦?と思っておりましたが、扉が開かれ 何とも懐かしきご夫婦が。移転後はお初でしたが、移転直前にはご利用いただけた記憶も。一時は、頻繁なご利用にご自宅までお呼びいただけ ブラインド・テイスティングをさせていただいた記憶も。忘れもしません カレラ・ジャンセン なのですが言い訳をすると 実際にしましたがヴィンテージが リリース直後のもので 明らかにピノ・ノワールと言うよりは シラーの香りがむんむんと。お恥ずかしかった、しかも確か一般の方で正解を叫ばれた方がおられたのも 本当かよ~でした。

そんな懐かしさにも感傷的になりながらも 積もる話は多々ありますので 結局2本に。最初のシャンパーニュで、ご予定は?ではありましたが このセネズの’00は、残りも少なくなりましたが 今が本当に熟れておりお利口な価格帯ながらも侮れない熟成感が しっかりと。

2本目は、嘗ての 仕返しではないですが ブラインドで。とは言え、このイタリアのボトルは裏返していただけなので ボトルネックのラベルを目ざとく見ていれば イタリアまでは辿り着くはずですが そんなご様子はなく ボルドーと。

カベルネ・ソーヴィニヨンではないものの そう答えても不思議ではない充実した酒質は流石のレゼルヴァ・クラスのなせるバランスで。大手のアンティノリのキャンティは、やはり綺麗にしかも しっかりと20年以上の熟成を経て尚 その姿を凛として。

またまたご夫婦にて。

Sommelier R.Imamura

夏の装い

f:id:Budounokura:20220630181335j:image

暑すぎるやろ〜

空気が重たくて、お昼間に伏見稲荷にも登りましたが 流石に少なくはなりつつ ですが それでも修学旅行生は元気に。汗だくになるでしょうが、微妙に良き思い出になるかは謎ですが・・・・・。

自宅もお犬様の為にダイニングは、しっかりと冷やされておりますが 睡眠時以外は冷房にさらされており 体調が崩れないかと不安もあります。7月の前半は、特に諸所の予定がありますので しっかりと体調管理をしていきたく。

それにしても暑くて 出勤するだけで 汗だくです。もう、完全に着替えますが 世間のスーツ・スタイルの方々の精神力には敬服いたします。色々な対策はされているとは思いますが、ネクタイ 革靴となるといろんな病気にもなりそうな気がしてしまいます。余計なお世話かもしれませんが、エアコンで管理されて状況ではありますが すみません 夏の装いの足元です。

出勤には、ほんの少しは歩きますので 軽いスニーカーを。ポンプが付いていますが まったく使用はいたしません。嘗てのハイテクかもしれませんが、兎に角 紐靴が面倒ですので。しかも若者が穿く大夫のような ごついデザインではないので 夏のお気に入りの1足で。

革製品が好きです。ですが、流石に夏には 一気に身の回りの比率は下がってしまうのも致し方ない。そんな中でのアイランド・スリッパの贅沢なレザー・サンダル。中々、良き味が出始めております。拘りのサンダルですが、お出迎えのスタイルが一段とカジュアルになってしまっていることをお許しください。まま、足元はほとんどお見受けされないかと。カウンターで隠れてしまいますので・・・・は 言い訳ですが。

まま、おっさんの足元なんかには ご興味もないでしょうが。

豚さんも夏の定番で。

Sommelier R.Imamura

真夏ですが

f:id:Budounokura:20220629181751j:image

最近は、始発で帰宅する毎日ですが 既に明るく。自宅の玄関先のシンボルツリーのシメネトリコの花が相変わらず満開で朝一番だけは、蜜蜂や 熊蜂が可愛くいったりきたりを繰り返しており 正にリアルなドルーアンのボーヌ・クロ・ド・ムーシュのエチケットの絵柄です。毎日毎日、玄関を掃除しても風が吹くと雨のように花弁が落ちてきて きりが有りませんが まま 年に1度のことなので。

また、今日も筋トレをこなしながらもエアコンは必須で ダイニングでは愛犬も伸びております。長男は、可哀そうに扇風機を最強で回し続けておりますが 自分の部屋を閉め切って。ダイニングに降りてくれば良いのに!まあ、そんなお年頃です。

で 昨夜も深夜まで気温はさがらず・・・・・

6月も終わります。いずれにしてもお支払いはしなければなりませんので、完全に持ち出しになりましたが ほぼほぼ。ワインの仕入れのお支払いが相変わらず 大きく負担にはなりますが まま 大きなトラブルがない限りは 実弾になりますので 何時かは現金化出来れば!の思惑ですが これも含めて あっという間にストックした福沢さんも一気に飛んでいくので 7月はお暑いとは思いますが是非とも ご支援を。今年は祇園祭も再会されるようですので 地獄の暑さの京都に是非とも。

店舗の薔薇も自宅同様に ちょこっと咲きながらです。店舗からの空は完全に夏の色調ですが、遠くに見える 京都タワーと 歌舞練場の帝国ホテルさんの施工の姿も継続中で。ですが、19:00過ぎないと 中々窓際のスクリーンは上げられません。

月末の癒しに。

Sommelier R.Imamura

イタリアの取り敢えず最終入荷分

f:id:Budounokura:20220628182530j:image

本日は、伏見稲荷へ登ってから 散髪へ。相変わらず ぎりぎりのスケジュールながらも上手く乗りこなすと気分が得した感じがして。

まま、無理しない程度なのですが それでもこれだけ暑いと その動きはやや緩慢にも。蛇足なのですが、20年来のお付き合いの散髪屋のマスターに脱毛についてのアンケートを。まま、濃い髭ですからね 現在の世間的には注目されているようですが もうねえ コロナ禍もあり 髭もT字でしか 剃らなくなりました。以前は電気カミソリも併せて深剃りをしてましたが、まま。

どうやら その手の営業を受けられたようで¥500万の機会だそうですが ないなあ。まあ、僕は完全に無くなるのは どうか?とも思います。とは言え将来的に介護のことを考えると 確かに下の毛は いらないような気はいたしますが・・・・。

で 画像はイタリアの入荷分の取りあえずは最終分で

ヴィンテージ’94のスピネッタのピン。ネッビオーロ と バルベーラをブレンドした銘柄ですが、これも懐かしいなあ。イタリアンで働いていた頃は今以上に世間知らずで お恥ずかしい記憶も多々ありますが なんか同業のワイン会などでも抜栓されていました。この頃はテイスティングノートなんかも 真面目に書いておりましたがね。まま、確かこの手のボトルは、もうバルバレスコですよ。優良な造り手の仕込む やっと今が飲み頃なんでしょうが。しかし、あの頃の現行ボトルが未だにこうやって仕入れられるのも凄いことかと。

ヴィンテージ’92のアルジオラスのトゥッリガ、これも また複数の葡萄をブレンドしておりますがサルディーニャ州の珍しいもの。カンノナウが主なのですが、以前にヴィンテージ’02でも 珍しく仕入れましたが ’92が出てくるとは。’90年代の中では卑下される作柄ですが 先日のラランド同様に ある意味優良な生産者のものは 寧ろ今がとても楽しいボトルかと。

〆はヴィンテージ’90を。バンフィ の ブルネロで。これもねえ、高額になってしまう ブルネロ・ディ・モンタルチーノのなかでは 比較的お利口な造り手と言うのもあり また酒質も素晴らしいので 色々と扱う機会もありましたが 未だにこの偉大なヴィンテージが手に入ること。それが、とても意味があるのです。トスカーナらしいエチケットのデザインもノスタルジーの駆られます。

6月も梅雨明けか。終わりますか・・・・・・。

Sommelier R.Imamura

ショップスモール 20%のキャッシュバック?

f:id:Budounokura:20220627174749j:image

本日も早起きして 目一杯の運動を。

日曜日は、早じまいしての少し長めの睡眠時間ですが 早起きしての伏見稲荷に。

その後は、流石にエアコンを入れての筋トレを。NHKプラスでプロフェッショナルを見ながらでしたが あの京都の割烹さんでした。お伺いしたことはありませんが、勿論老舗の有名店で ふーん と思いながらも まあ僕には何がプロフェッショナルなのかは、?ではありますが その道その道で考え方は様々でしょうから。ちなみに撮影時のお客様の中に懐かしき嘗ては何度かお越しいただけたワイン業界では著名な方が映り込まれておられ。お元気そうで何よりです。

で 昨夜も まま店舗の花の水やり程度にしかなりませんが・・・・

画像は、またまたAmexさんの Shop Smallのキャンペーンです。販促品のトートバックは今回は薄手の小ぶりのものですが、ご興味の有られる方はおしゃっていただき。また、期間は出来ましたら皆様の登録も必要なようですので ネットにてお願いいたします。その上でのAmexさんでのお支払いは20%のキャッシュバックのようですので お得な印象も。何分、Amexさんのキャンペーンですので 僕の方では保証は致しかねますが この機会によろしければ。

完全に惨敗の6月になりましたが、僅かな残りの週頭ですが よろしければ暑さを押してお越しいただけましたら幸いです。

Sommelier R.Imamura

本日も営業中の日曜日

f:id:Budounokura:20220626175645j:image

本日も 猛暑の中の伏見稲荷へ。

まま、山の中に入れば日陰で涼しくなるので選択しましたが やはり観光の方々とは意識が異なるからな・・・・・仕方ない。

そして、本日も変わらず日曜日の営業中です。

で バイ・ザ・グラスについての考え方を

前もってなのですが、全てのゲストに対してお迎えしたいのは本音なのですが。

ですが、中々難しいのは 色々な意味でのワインへの感覚とワインへの金銭感覚とも言いますか。勿論、ワインバーですので 例えばお初のご利用の方に関してはお試しに手のグラス・ワインでのお越しは重々理解をいたします。

なのですが、色々な意味でも コロナ禍を未だ引きずる中でと 後は僕のワインのラインナップの状況でずっと以前のように20種近くのグラス・ワインのご準備は出来ておりません。勿論、常識的な範疇でご提案させていただけるアイテムは幾つかはありますので 例えば最初にシャンパーニュを1杯づつの後にボトルを1本とか ボトルを飲んだが 僕が頂きすぎてしまったので酒量が足りないので〆のデザートワインをグラスで とか。のようなシチュエーションは、当たり前のようにご対応はしっかりと。勿論、赤ワインでもボルドーブルゴーニュ・ローヌ・トスカーナなど実際には抜栓可能なものも沢山ございます。ただただ、その手のボトルは全てヴィンテージが’00や’02’04’06などある程度飲み頃に熟成したものばかりです。ですので、大抵として価格も1杯¥3,000-ほどいただくことになります。ですので、そのあたりのこともご理解いただけますようでしたら お受けすることも可能なのですが 昨夜も含めてお電話でのお問い合わせに関して 他所様のお勧めをさせていただく次第のことも。

お席は空いているのだから、お受けすれば?も常識かもしれませんが 歩留まりの部分も含めまして 特にお初の方々へのアプローチは懸念を。何度もご利用いただいておられる方で今夜は 1杯しか どうしても飲めない!とのことなどでは ウェルカムなのですが 大抵の方が そうは言いながらも もう1杯!との流れがほとんどなので。

後は、場合のよりましたら ハーフボトルのご提案も ある意味他店さんのボトルのリストよりも多くのアイテムがありますのでご覧いただけましたら。

ちなみに 画像のアイテムは このところのグラスにて抜栓させていただいたアイテムです。

ブルゴーニュの白のジャン・マリー・シャルトロンのサヴィニー・レ・ボーヌはヴィンテージ’06で。貴腐ワインのシャトー・クーテはヴィンテージ’98、シャンパーニュのクリスチャン・セネズはヴィンテージ’00を。例えば、素晴らしい熟成香と感じられるセネズに 酸が丸く纏まったサヴィーニー、とろりと熟れた貴腐ワインなど よくよくお見掛けします 他所様でのヴィンテージ’2018などのボトルは僕のセラーには1本もございません。まま、ソムリエのエゴでもあるかもしれませんが これもコンセプトでもあり 信じるワインの美味しさでもありますので。

自然派とも言われる造り手も 無いわけではないですが その手の造り手のものも ある程度の熟成を経たものになります。どうか ご理解をいただけましたら幸いです。

上手くお伝え出来ておりましたら 良いのですが。

Sommelier R.Imamura

ヴィンテージ'07'92'88

f:id:Budounokura:20220625180740j:image

本日は、自宅で筋トレ。暑すぎて エアコンをかけようか?を我慢して汗だくでしたが。とは言え、その後はダイニングは冷え冷えで 寒さすら。お犬様は、延びておりました。そして、次男は部活の試合から帰宅で よく日焼けしており。朝からでしたので帰宅後は自室で涼やかな自室で眠りこけっていましたが。長男は、可哀そうですがエアコンの無い部屋でゲームでしょうが。ダイニングに来れば良いのに!

で 昨夜は流れが久々に

・Rheingau Riesling Qualitatswein Halbtrocken’07 Robert Weil

・Chateau Pichon Laland’92 Pauillac

・Aloxe Corton’88 Joseph Drouhin

久々のムッシュからのお電話からの 素晴らしき晩に。ですが、華がないなあ!の全ておっさんでした。

暑すぎて白しか無理!とのことでしたので、作戦変更で 偶にはリースリングを。ヴィンテージ’07のハルプトロッケン、薄甘口と言う表現がぴったりですが この湿度の高い晩には いいよなあ!前半は阪神戦を昨夜は気持ちよく応援しながらの晩で。

移転後初になられたそうです、若手のドクターの皆さん。どうやら移転前の店舗にお越しいただいておられたようで、何となくでしたが これをご縁にまたまた。

ボルドーの選択肢を検討いただけ2級の再々のラランドを。ヴィンテージ’92は、難しい作柄は言わずもがなですが このシャトーは侮れない仕上がりを。マルローのしなやかなニュアンスが正に淑女で、おっさんのみの晩には如何か?ともおっしゃられながらもヴィンテージ’91の若手のドクターのご出産祝いの素敵な晩で。

北海道からの数年ぶりのお越しのムッシュ、少しごり押し感はありましたが ハーフボトルをありがとうございます。ヴィンテージ’88は、偉大な作柄ですが ハーフですと幾分ひねた味わいが既に出始めており。ですが、こちらは 幾分変態的なブルゴーニュがお好みなのが理解出来ておりますので ある意味では最適な。でもねえ、綺麗に甘みがアフターを支配します。これが、健全なボトルの姿です。グラスも有ですが、やはり本当の意味では ボトルでのお楽しみが また別次元の世界観を。

毎晩な、こんな素敵な晩であれば 良いのですが・・・・・。

Sommelier R.Imamura