Budounokura’s blog ソムリエの つぶやき

京都 祇園のオールド ヴィンテージ ワインバー 店主のソムリエの 日々の つぶやき です!

ヴィンテージ'03'03'94

f:id:Budounokura:20240621173739j:image

本日は、筋トレ。その後は、愛犬のお散歩とシャンプーも。明日からの梅雨入り前に備えてですが 涼しかったのにな?夕方は西陽で、エアコンが無いと耐えられません。

で そう そんなお話がお伺いしたかったのです・・・・・・

・Shiraz Grenache Brave Faces’03 Two Hands

・Guidalberto’03 San Guido

・Chateau Pichon Laland’94 Pauillac

昨夜は訳あって 若干早めの帰宅がかなった。なので、自宅のテレビでAbemaさんでスペインVSイタリアが観戦出来るぞ!と勇んでシャワーを済ませてソファーに座って やや面倒に感じたAbemaさんの設定をこなして気が付いたら 後半終盤だった。やはり、店舗でのほうが サッカー観戦には集中出来そうです・・・・・。

まあ、昨夜も順当かな?意外にドイツが開催国のアドバンテージも含めて、ひょっとしたら。そして、今夜は フランスVSオランダですよ!これまた4:00なんだな。

昨年のかなり久々のお越しのドクターは、今年は また少し体調を戻されていたような?とは言え、未だ杖を携えて 右半身は若干の。そう、この方僕の顧客の中でも唯一の泌尿器のドクター。そうなんです、僕の罹患前に倒れられて 暫く距離が空いておられましたが、それこそお伺いしたいことが山盛りありましたが 様々なドクターにもお話も聞けましたが 実は彼が最もだったのですが・・・・。まま、とは言え 昨夜も今後のことも含めて色々なアドバイスはいただけましたが そうかあ 甘く見てましたが まだまだ色々と有るかもしれないなあ?今のところは 副作用は穏やかなものの 別の投薬を始めると 解らないもんなあ。どうしますかね。

相変らずのシラーズから。若手のドクターを引き連れては変わられずで、’03の グルナッシュ・ブレンドのトゥーハンズ。20年くらいでは、明らかな熟成感は穏やかですが それでも若いボトルとは明らかに異なるスタイルでしょうが このボトルも遂に終売に。

2本目のリクエストは、サシカイアの話題ながらも 流石に男性陣のみでは色気も無いので このグイダルベルトを。まま、これも’03に合わせてのヴィンテージなのが 面白い手持ちだったかと。これは明らかにしなやかさを持ち合わせてボルドー・スタイルで洗練度が一気に上がります。流石の一言ですが、これもまた最終のボトルでした。

〆はボルドー、ラランドの’94ですが 流れとしては これは少しエゴだったかもしれない?そう、柔らかくなり過ぎか?酸のバランスが解ってはいたものの まあなあ シラーズのお好みからすると ままこれは粗野な部分は全くないのが事実なので。好みは理解しているので、少し どうだったかな?とは言え、少しづつ アルコール感も穏やかなものにも移行されていくのも お身体的にもね。

またまた、ご質問が沢山ございます!心よりお待ちを。

Sommelier R.Imamura