Budounokura’s blog ソムリエの つぶやき

京都 祇園のオールド ヴィンテージ ワインバー 店主のソムリエの 日々の つぶやき です!

Gevrey'02

f:id:Budounokura:20240620174153j:image

本日は、ランニング。湿度が辛いなあ、そろそろ梅雨が参ります その前に トライアンフのエンジンを蹴りましたが 調子よく気持ちよく。バイク用の夏のグローヴを新調しましたが、まあ 破けるよなあ。夏用は革の素材でパンチングの穴あきのものなので、当たり前か。微妙に風は入りますが、今回も同様の。まま、数年は活躍してくれるだろう。

で ジュヴレだな

・Gevrey Chambertin’02 Des Beaumont

やはり、モドリッチの衰えも致し方ない。クロアチアも 世代交代は進むのでしょうか。ドイツは危なげなくで、昨夜のエキサイティングは スイスVSスコットランドだな。バグパイプの応援も好きだけど、スイスの独り相撲のような展開でオウンゴールと そしてシャキリだったか。彼もそろそろなんでしょうが、記憶に残る勝負強さを今回も。そして、今夜と言うか明日の早朝はスペインVSイタリアですよ!4:00ですよ。勘弁してよ・・・・・。

おそらくは、やや若手の経営者の方でしょうか。綺麗な飲み方も なのですが、少しだけ立ち入らない方が良いのかな?とも感じながらもブルゴーニュへの導線から ご一緒させていただけたので 今宵も楽しきお時間で。実際に、どの程度飲み込まれておられるのかが やや解り難い状況でしたが そんな時は最終の選択は3種くらいでご自身にてお願いすることに。解りやすいなあ?ジュヴレ・シャンベルタン、ヴォルネイもポマールも含めてありましたが やはりコート・ド・ニュイの 響きに負けてしまう方は実際には多いもので。ジュヴレ・シャンボール・ロマネ まま村名でも このブルゴーニュの華やかな響きは 当たり前のように避けては通れませんが、アロース・ポマール・ヴォルネイに触手が延ばされる方も またある意味ではワイン通なんでしょうが まま。

ヴィンテージ’02のボーモンでしたが、嘗ては少しだけグラス・アイテムでも使用しておりましたが その10年以上前ですよ。その頃は 美味なものの やはり硬さは幾分で酸の纏まりは もう少しだけ?でしたが、今回は当たり前ですが 驚くほど丸く優雅に一般的な飲み頃の ブルゴーニュ・ラヴァーで有れば一様に評価されるでしょう。まま、優良な’02と言うこともありますが 蛇足ですが 長男の産まれたヴィンテージですね はあ どうなんだろう?相変わらずの 問題ばかりですが 将来自身が困るだろうけどなあ?まあ、まだまだ青二才でしょうが 社会人としての務めは果たさないといけないのですが・・・・・。親としても情けないですが。愚痴りました。

今宵も 心よりお待ちしております!

Sommelier R.Imamura