Budounokura’s blog ソムリエの つぶやき

京都 祇園のオールド ヴィンテージ ワインバー 店主のソムリエの 日々の つぶやき です!

ヴィンテージ’00

本日のお昼間もジムに。
最近 新調した ブルートゥースで飛ばせる ヘッドホンから 何やらの英語が。5分おきくらいに なにやらの警告のような?最初は どうも ヴォリューム・ラウド?なる リスニングでしたが よくよく 聞いてみると バッテリー・ロウ だと。ご丁寧に 5分おきに何度かなり 遂には強制終了されましたが 説明書も読まずに 使用を開始したので 実は 電源のON・OFFが よく解らないのですよね。きっと前回の使用から ずっと電源はONの状態だったのでしょうか・・・・・。
で 昨夜の辛うじての晩は
・Chateau Croque Michotte’00 St Emilion

前半から 何時ものママさんからのお電話で お鮨を差し入れていただけ。何時もながらですが 有難い限りです。まま、お時間が有られたようなので お食事場の 眺めを求めてかな?こんなご利用も有りかと。
そんな折の こちらも前回はお持ち帰りだったムッシュが。今宵はお早いお時間ですので 名古屋までのお帰りが 予想されるもので。
何時もながらの 非常に興味深く 面白いお話が多々で。今回は やや難しいお話もありましたが 耳で得る 知識も僕たちの業界ではとても重要かと。
何時もながらのシャンパーニュからのスタートですが 今宵もフィリッポナからで。そして、今回は お利口なサンテミリヨンの ヴィンテージ’00を。1ケースのボルドーは木箱で運ばれますが その仕入れも正しかったかと 思われる 柔らかく飲み口の 滑らかさが持ち味で。やはりメルローの しなやかさが個人的には。正直、若い頃のカベルネ・ソーヴィニヨンは 甘みが強くなったとは言え やはり 僕にはパワフル過ぎて。ですので、モダンなメルローの濃縮感を 甘美に迫るスタイルが 素直に 次の1杯へと繋がります。
勿論 好みの問題でもありますが!
Sommelier R.Imamura