Budounokura’s blog ソムリエの つぶやき

京都 祇園のオールド ヴィンテージ ワインバー 店主のソムリエの 日々の つぶやき です!

ヴィンテージ’01’99

休日・及び月曜日の午前中は 相変わらずの貧乏暇なしで・・・・。
休日の午前中から やや 早めの希少で 愛犬のカットに。そして、僅かな時間をぬって次男とテニスを 1時間だけ。
お犬様を引き取ってから 破損中のブライトリングの修理依頼を。これが やはり 60年前のものだけに 予想以上に使用を考えさせられ。汗かきの僕は 冬場のみの使用を心がけておりましたが やはり 問題も。皮脂や振動は ご法度なようで。その足で、選挙に。伏見工業には強烈なスポーツカーが 停まっておりましたが次男も興奮を。僕は まま健太さんに。その後も稲荷までの 散歩に。そして、21:00までの 限られた 食事を自宅で。
起床してからは、健康診断に。バリウムを飲み込みながら ややお腹に張りを感じながらも ジムへと。そして、お花屋さんによって 店舗まで。2日間はシトロエンが大活躍でしたが、疲れ切った・・・・・。
そそ、店舗のエレベーターで 不釣り合いな感じの修学旅行生でしたが 1時間かけて 3Fのお好み焼き屋さんへと。ですが、お昼はお休みなのかな?営業されていなかったようで?
で 先週末の 久々に抜栓した晩は
・Saint Aubin 1er'01Marc Colin et Fils
・Le Nomble d'Or Brut'99 L.Aubry Fils

中盤までは、相変わらず 何とも不穏な空気が流れておりましたが 今宵も若社長が。色々な思惑は有られるかと?ですが、いずれにしても そんな邪さも 僕のカウンターでは大きな要素かと。
待ち人までは ご一緒したのは テイスティングも兼ねた形のもなりましたが マルク・コランのサン・トーヴァンを。'01の酸が気掛かりでしたが、まま 想定の範囲のバランスで 愛らしく フロマージュに後押しされるように 甘みも取れてくるのかな?の。また、どうやら この造り手も最近はエチケットのデザイン変更が有ったようで。ブルゴーニュらしい クラシックなデザインだったのですが これも また気分が盛り上がるバック・ヴィンテージの要素かと。
お電話で、少しだけ 覚悟も。でしたが、今宵は4名様でしたので やや拍子抜けでしたが海外からの何時ものワイン・ラヴァーで。何時ものように!のご予算でのシャンパーニュのご提案でしたが どうやら今宵の出所が異なるようで やや世界観は異なる段階のシャンパーニュ。ですが、このオーブリーのノンブル・ドールもヴィンテージ'99は僕のセラーで十分に瓶熟もなされており 侮れない味わいの昇華しております。うーん、ヴィンテージ'99も そろそろ そう言った コクと 蜂蜜のニュアンスまで 辿りつきつつの アイテムも。そうだよな、シャンパーニュの'99のプレステージのオファーも減りつつですし 中々のコストでもありますので・・・・・。
4月の最終週ですが、もう少しの援護射撃を 何卒!です。
Sommelier R.Imamura